2010年05月17日

鰻を食べに浜名湖へ

結構「インドアな人」と思われがちですが、休みの日はぼちぼち出かけています。

昨日はちょっと浜名湖までドライブ。。。

といっても目的ははっきりしていまして「鰻を食べに行く」これだけw

とにかく、ここの鰻を食べに行くだけで、名古屋から三ヶ日まで走る価値はあるお店「加茂」さんへGO!!

20100517_01.JPG

さすがに到着したのが11時30分なのでまだ空いている模様w
いつもですと、店の前の駐車場にはベンツ、ベンツ、レクサスといった感じで高級車がずらりと並んでいたりします。

二人なのでカウンターで食べることにして、大将の仕事の様子をいつも通り感心しながら見つつ、できあがりを待ちます。

20100517_02.JPG

途中で大将から
「いつも名古屋からお越しいただきありがとうございます」
と、ご挨拶いただき恐縮。

現状の鰻の質だとか、産地による美味しい時期などについて教えてくださったり・・・。
何よりも、いつ行っても厨房が使い込んであるのに綺麗!
すごいなぁ。
自分は「キタナシュラン」を信じないタイプなのでw

さて、できあがったのは

20100517_03.JPG

な感じの「白焼きご飯」と「長焼きご飯」をいただいてきました。

大満足!

お店を後にして、その足で舘山寺温泉に行く途中「なごみの森」という所によりました。

こんな感じの建物が点在
20100517_04.JPG

どっかで観たなぁと思ったら、以前行った「さんぽ道」という蜂蜜屋さんもここで設計したというお話しでした。
sanpomichi.jpg


のんびりドライブして最後は温泉。

展望浴場からの浜名湖の眺めは
20100517_05.JPG
このようにのどかで、ウィンドサーフィンがおきの方にキラキラと見えて仕事のことをまったく忘れるほどののんびりムード。

温泉もどういうわけか自分しかいなくて貸し切り状態でしたw

いつもと違うブログになりましたが、のどかな休日のスナップということで・・・。
タグ:グルメ 温泉
posted by まいあめ工房 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

山里のお寿司屋さん

2日の夜、「まいガム工房」の社長ご夫妻となじみのステーキレストラン「CSグリル」へ食事に行ったのですが、そこでオーナーシェフの西村さんから、
「各務原におもしろいお寿司屋さんがあるよ」
と、聞いて4日に早速行ってきました。

でも各務原(?)岐阜の山里じゃんwそんなところにお寿司やさんがねぇ・・・。

カーナビにセットすると、知っている近辺に「ゴールマーク」が!

たしか桜の木が池の周囲にたくさんあったなぁと思いつつ、スタート。

ところが、カーナビ通りについてもそれらしいお店は見つからないw

ま、天気も良いしお昼ご飯には少々速いから散策でもしようかということで、のんびり桜を見ながら池の周囲を散策。

池を離れてぶらぶらしていると、妻が

「これじゃないの」とひとこと

20100405_01.jpg

おお、間違いない「森海」 これが看板なのかw

普通の民家にしか見えないじゃん。

20100405_03.jpg

これでお寿司屋さんです。ほんとに山の中って感じですがw

玄関に回るといかにも入りにくそうな扉がドーンです。

20100404_02.jpg

店内はビックリするぐらい満員でした。

二人なのでそんなに待つこともなく10分ぐらいでカウンターに通されましたが、メニューは3種類。

そのなかから3000円のコースをお願いしました。

お昼に納得の3000円コース!
しっかり堪能しました。中トロがやけにおいしかったのと、牡蠣が立派で驚きました。

やっぱりプロが薦めるお店は違うなぁ。

帰りに駐車場へ回ると、高級車がかなり並んでいました。
そうだよなぁ。

客単価最低でも3000円。名古屋ナンバー多し・・・。

駐車場がその実態をに表してます。

おいしくもあり考えさせられるお店でした。
posted by まいあめ工房 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

新規開拓

カフェの新規開拓をしようと以前からもくろんでいたのですが、なかなか時間が無く、思うようにいきませんでしたが、昨日ようやく以前からチェックしていたお店に行くことが出来ました。

CAFE GALLERY hagi

hagi04.jpg

携帯電話カメラなのでわかりにくいかも・・・
向かって左側がお店です。

手前の駐車場がいっぱいで、撮影アングルも悪く申し訳ないm(_ _)m

一般住宅に見える中にもお店らしさをきらりと覗かせる、絶妙の作りになっていますが、写真では表現できてません すみません・・・

中にはいると、陶器のギャラリーがあります

hagi02.jpg

奥のテーブル席に座って、さっと店内を撮影しました

hagi03.jpg

非常に落ち着いた雰囲気で、他のお客さんもお見えになったため、さすがに写真を撮るのがはばかられましたw

もっと素敵な店内なんですがねぇ・・・
次回はなんとか平日に行って、迷惑がかからない時にしっかり撮影してきます。


10日は「母の日」ということもあり、一緒に行った妻はギャラリーを見ながら気に入った食器をプレゼントとして買い込んでました。

こちらはのんびりとアイスコーヒーをオーダーして、出てきたのがこちら

hagi01.jpg

妻は「本日のアイスクリーム」を頼んだのですが、撮影する前に食べちゃったのでw

お気に入りの四軒道の「Cafe de Sara」に比べると明るく広い店内ですが、席数は20席に満たないので、ゆったりとした感じです。

お奨めですъ(゚Д゚)
タグ:カフェ
posted by まいあめ工房 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

バレンタインデーでしたね

今日はバレンタインデーでしたね。

昨日から義理チョコも含めていろいろいただきました。
ありがとうございます。

今ふと思いましたが、「義理チョコも含めて」と書くと「本命」があるのかという話になりますよね。すみません、義理チョコオンリーです。

いただいたのは、仕事関係の女性とか娘たちとかですね。
妻からもいただきましたが、やはり私が一番好きなチョコレートは何かを知っていたのは妻でしたね。

バレンタインのチョコレートケーキ

こんなのもいただきました。

ありがとうございます。

今日はチョコレートやらケーキを食べるために、4キロほど歩いてカロリー消費をしましたよ。

娘たちへのホワイトデーのことを考えるとちょっと怖い気もしますが、お祭りと割り切って、お付き合いしますw
posted by まいあめ工房 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

スウィーツランキング

忙しくて年が明けてからなかなか行けなかった「ブローニュの森」へようやく行くことができました。

パティシエでもある鬼頭社長に会うのは、年末以来で、ゆっくり話すことができたのは本当に久々かなw

その中でうれしい話が聞けてこっちまで明るい気分になりました。

というのもリクルートのタウン誌というのかな「TokaiWalker」のスウィーツランキングがあって、そこにいくつかランクインしたということで、取材が入ったと言う話。

ランクインしたものはショートケーキ、モンブラン、ロールケーキなどがあるんですが、ロールケーキは通販向けにぼくもお手伝いして企画を立てたものもあるのでそれはそれでうれしいのは事実。

でも、一番うれしかったのは「バームクーヘン」が2位に入ったと言うこと。一時のブームでなく、長く作り続けてきた商品が、飽きられることなく評価されると言うことは本当にうれしいことです。

また自分の甥がそんな一流の店で、勉強させてもらっているということもありがたいことと感謝しています。

今から、紙面にどのような形で載るのか本当に楽しみです。
posted by まいあめ工房 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

鮭児 その2

忘年会で「鮭児」を食べたのですが、その料理の続き・・・

2品目はこちら。

鮭児2

鮭児のかぶら寿司、ズワイガニ、牡蠣の味噌漬け、牡蠣の酒盗和え、生牡蠣などです。
生牡蠣はすでに食べた後で、慌てて写真を撮りましたw

鮭児のかぶら寿司はおいしかったのですが、この中では牡蠣の味噌漬けがなかなか良い味でした。
生牡蠣の下にあるのは、レモンではなくグレープフルーツ。レモンを搾るよりグレープフルーツの方がおいしいです。酸味が抑えめなのに果汁が多いため牡蠣にはベストマッチ。ここで教えていただいてから、レモンで食べることはなくなりましたね。

余談ですが、ここで教えてもらった牡蠣のシャンパン蒸しもいけます。

つづきまして、茶碗蒸しなんですが

鮭児3

具の全くない茶碗蒸しの上に、イクラがてんこ盛り!!
このイクラの茶碗蒸しをたべると、「冬が来たな」と思いますね。
皆さんがよく食べる「イクラの醤油漬け」に比べると、ご飯の上にのせるものではないため、かなりうすく漬けてありますが、ピンポン球のようにパンパンに張っているのですが、食べると皮が残らない絶妙さ!

卵の黄身だけのうまさを凝縮したような鶏の卵と鮭の卵の絶妙なコラボレーションにいつもの事ながら感心してしまう一品です。

ここまでで、まだ半分w

続きはまた明日にでも・・・。
タグ:グルメ
posted by まいあめ工房 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

鮭児 その1

少々時間があるので、今年の鮭児料理について・・・。

今年は鮭が不良ということで、となれば当然幻の鮭といわれる鮭児の水揚げも少ないはず・・・。今年は難しいかなと思っていたけれど、さすがにそこは大先輩、しっかりと5本ほど押さえていただきました。

その中から特においしそうな2.8kgほどの鮭児を7人で今回いただいたわけです。値段のことは野暮だから言いませんが、昨年よりかなり高かったのはしかたがないですねぇ。

突き出しは こちら

鮭児1.jpg

鮭児となまこの霙和え ですね。

なまこを鮭児のハラスの柔らかさにあわせてあり、抜群の食感と鮭児らしい脂質のうまさを味わせてくれながらも、突き出しらしく控えめに仕上げてあるバランスが絶妙でした。

と、今日は遅いので、この一品までw

また明日以降、2品目からご紹介します
タグ:グルメ 料理
posted by まいあめ工房 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

英気を養いに

ブログの更新頻度でわかるように、かなり忙しい日々でした。
良いことも悪いこともあるのですが、しばらくは「大人」になってじっと我慢しておくかな。

その後は機会があれば積極的に活動してもいいかななんて思ってたりします。このままじゃなにも変わらないし、決して良い方向には向かないからできることからこつこつとということでw

というわけで、あれこれ頑張りすぎて少々疲れ気味〜。
このままでは健康診断の前に胃に潰瘍が数カ所できてもおかしくないので気分転換と英気を養いに出かけました。

といっても2ヶ月前からスケジュールに入っていたので、スケジューリングしてくれた先輩に感謝 m(_ _)m

先輩と何しに行ったかというと、大好きなお店での特別料理をいただいてきたのでした。
2人で1キロのスッポンを平らげてきましたw
いや〜美味かった!

山椒煮から始まって、茶碗蒸し、お造り、焼き物、鍋、そして雑炊とフルコース!!夢中になって食べていたので、写真を撮ることも忘れていました。

スッポン1.jpg

これはお造りなんですが、食べちゃって残り少なくなってます。
卵と肝が映っていますが、実際には心臓や首の肉なども盛り合わせてあって、大将の腕の良さが冴え渡り、全く臭みのない上品でかつ最高の旨味のあるお造りになってました

スッポン2.jpg

これは焼き物で「河豚とスッポンのニンニク醤油焼き」です。
こちらもすでに食べちゃってますのでよくわからないですね。スミマセン・・・。

今年食べたものの中でもトップクラスのおいしさw
大将の丁寧な仕事のおかげで骨のかけらもなく、とろけるようなうまさのスッポンと、河豚のしっかりしたおいしさとを同時に味わえるという一品でした。

仕事の話やら今後のこと、色々と楽しく話しながら、大将の蘊蓄を聞きまたさらにおいしく食べる。楽しかったなぁ・・・。

さあ、頑張るぞ。
タグ:グルメ
posted by まいあめ工房 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

息子と

珍しくたいして予定のない休日。

お陰でこれまた珍しく時間があった息子とカフェに行き、あれこれ話す時間が持てました。

行ったお店は Cafe de Sara

さら

四軒道という古い町並みの中にある古民家を使ったお店です。

日曜日の朝、時間があるときは妻と二人の娘のどちらかとで行くことが多いせいか、入店後しばらく待ってたらママさんから
「3人ですよね」と確認されたので「いえ、二人で」と答えると
「あら、すみません」とあいていた二人用テーブルに案内されたw

自分に似ているのか結構スウィーツ好きの息子は大好きなここの「スウィーツの盛り合わせ」を諦め、ノーマルに「カフェオレとモーニングの卵のオープントースト」を頼んで、口に運ぶなり
「やっぱり、ここはうまいよねぇ」とニヤリ

cafeであっても必ず味で選ぶ父のポリシーを再確認してくれたようでした。

仕事はどうなのさ、という彼の質問に答えつつ、こちらもぽつぽつ聞いてみるw

大学生活のこと、やばそうな単位w、受講ゼミの相談、そして本人にはまだまだ早いけれど、学校全体の就職活動状況などなど・・・。

話を聞いていて結構面白かった反面、自分が彼の年頃だった頃をふと思い返す・・・。こいつよりかなり尖がっていたかな?というよりは、息子のほうがコミュニケーション能力が高いのかもしれない。
たぶん若い頃からの自分の友人たちは一様にそういうだろうな。と、思ったらなんだか笑えてしまった。

父と息子の休日の一コマ・・・。
タグ:cafe グルメ
posted by まいあめ工房 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

マンゴー!!

先輩から宮古島産の完熟マンゴーをいただきました。

Image0881.jpg

お中元とかプレゼントというのではなくて、あくまで仕事がらみですよ。

宮古島産のマンゴーを使用したスウィーツの企画の話をしている関係上いただいたわけです。

弊社ではマンゴーのロールケーキを展開している関係もあって、是非手がけてみたいですね。

第三セクターですので産地証明もバッチリできますし、安心して使えるというのはありがたいです。

マンゴーロールケーキ
絶対においしい物を企画します!
posted by まいあめ工房 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

飴が「おいしい」ということ

まいあめ工房のオリジナルキャンディーの特徴は、誰がどう見たってそのデザイン性だと思うのですが、実は当事者にとってはある種意外な反応をお客様がされるので、新鮮です。

というのはお客様の多くが「まいあめ」を食べた後

「おいしい!」

と言ってくれるのです。

いやいや、まずいと思って作っているわけではなく、いつだって真剣に職人さん達は作っているのですが、その「デザイン性」や「見た目」に惑わされることなく、お客様が「本質」を確実にわかっていらっしゃると言うことに驚くのです。

どういう事かと言いますと、一般的に皆さんが食べられる「飴」「キャンディー」と「まいあめ」は作り方が少々違っており、その「違い」が味に影響を与えているはずですが、その「違い」はなかなかお客様に伝わらないと思っていたのです。

まいあめはこのような「釜」で炊きあげるのです。

まいあめの「釜」

下から直火で釜を熱することで飴を炊きあげます。

皆さんが食べられている一般的なキャンディーは「真空釜」といって開放されておらず、カプセルのような釜内部を真空にすることで気圧を下げ、少ない熱量で効率的に飴を炊きあがるような「システム」になっているわけですね。

気象状況など日々条件は変わりますので、開放釜ですといろいろと炊きあげるのに難しいこともあり、職人は釜に常に注意を払ってなければなりません。
真空釜は釜内部の条件が変わらないので、ある種の装置産業ですね、ボタンを押せば確実に炊きあがります。

こういった製法の差が、いつも食べている飴との味の違いとなって直接的に感じられ、その違いを
「おいしい」
と表現していただけているのだと受け止めています。

この件についてはもっと専門的に語るべきなのでしょうが、ブログという性質上、あまり長くなるのもいかがなものかと・・・

きちんとサイト内で説明すべきでしょうね。




ですけれどこれは間違いのないことですが、
飴だって、できたてのホヤホヤは本当に暖かくておいしい!

工場見学にいらっしゃった全てのお客様が口をそろえてそう言っていただいてますw
posted by まいあめ工房 at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅鉢亭

8日の夜は梅鉢亭に行ってきました。

スタジオnano高橋夫妻と私の3人だったのですが、取引先の社長であり、大先輩でもある我らがBossのA社長とばったりというか、やっぱりというか(何しろ常連ですから)お会いして、おまけにメニューに載ってない、絶品のお寿司を差し入れしていただきました。

ありがとうございました。

これがまためちゃくちゃおいしかったです。

自分の筆力では語りきれないので、あえて何を食べたかは紹介しません。
というよりできないです。

食べたい方は、A社長のような立派な常連になってから板さんにこっそりお願いしましょうね・・・。

2週間ぶりに行った梅鉢亭ですが、昨日も本当においしかったです。

umebachi.jpg

さて休み前の残り数日、がんばって働きます。
タグ:グルメ 寿司
posted by まいあめ工房 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

ムーミンの家

昨日は鰻を食べに浜松市の「加茂」へ出かけました。

とてもおいしい店で、渋いご主人が熱い備長炭の前で、ストイックな面持ちで焼いている姿に比例するように本当においしい。

静岡や豊橋の仕事があると水曜日以外にスケジューリングしお昼に立ち寄れるようにするほどのファンです。今年は食べ損なったけれど、7月の第2週ぐらいに食べられる「新子」がまたおいしい。

天然物ではないけれど、処理の仕方、焼き方でここまで違いが出る「鰻」の奥深さを堪能させてくれる店です。

ここまで語って写真の1枚もないのかといわれそうですが、久しぶりに行ったので出てくるなり思わず食べ始めてしまいました。すみません。

鰻を食べたあと、少々仕事がらみでドライブへ・・・

2月に取材を受けた「リベラル社」から「さんぽ日より」というタイトルの本が出まして、我が「まいあめ工房」も、飴と製作過程が2ページにわたって掲載されています。

同様に2ページにわたってその本に掲載されているその名も「さんぽ道」さんという蜂蜜屋さんの社長から飴に関してのお問い合わせをいただき、30日にお伺いすることになったのですが、本を見ていた妻から「さんぽ道さんに行ってみたい」という話が出まして、とても平日には出かけられない妻ですので、娘を連れて3人で鰻を食べたあと、さんぽ道さんにちょっと寄ってみようと・・・

到着したさんぽ道さんの外観

sanpomichi.jpg

リアルムーミンの家だね。
にょろにょろのいそうなちっちゃな橋もありました。

ブルーベリーのシャーベットを食べて、帰りに社長さんにご挨拶だけして帰りました。

夢のある店舗に夢のある飴が並ぶのかどうか・・・。30日からしっかり打ち合わせします。
posted by まいあめ工房 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。