2010年03月17日

できる100ワザ ツイッター

ツイッター大ブームですね。

かくいう私もツイッターユーザーですが、あまりツイートしてません。

このところ一日一回つぶやくかどうかという消極的ユーザーですね。

そうなってしまった理由は効率的に使えていないからだと思います。ある程度、フォローする人、される人が増えてくると、なんか混乱するだけになってきますし、そもそも「どう仕事に生かすか」というビジョンがないため、時間のある時だけタイムラインを「チラ見」している感じになってしまいました。

で、まあいいか・・・

と、なってしまうのが正直一番怖いです。
多くの人が新たなマーケティングツールと考えている以上、無視できないのは当然です。

まあいいか・・・ は成長の大敵ですねw

ということで、iPhoneとTwitterで会社は儲かる とかじゃなくって(これも読んでしまいましたが) 純粋にTwitterのツールというか、テクニックについて書いてあるものを読んでみようかと思った次第。


できる100ワザ ツイッター Twitterパーフェクトテクニック (できる100ワザシリーズ)

できる100ワザ ツイッター Twitterパーフェクトテクニック (できる100ワザシリーズ)

  • 作者: コグレマサト
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2010/03/12
  • メディア: 単行本




なんか、遙かな昔に「Excel」なんかを勉強するために買った本の形態ですよねw。このシリーズって売れてるんだろうな。

とにかく、いったんこれを読んでツイッターに関して頭をリセットしたら、少しずつリハビリだw
posted by まいあめ工房 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

山奥のケーキ屋さん

昨日はよい天気だったので、妻と出かけることにした。

名古屋からの高速は東の豊田ジャンクション、北の鷹巣、西の四日市ジャンクションでかなりの渋滞。

あんまり遠くには行けそうもないw

ということで、渋滞の前に行けるところでという安易な目的地決めで、ケーキ屋さんに向かうことにした。

高速を40分ほど走り、インターを抜け、山道に入っていくこと数十分。


こんな所にケーキ屋さんがあるのかと思いつつ、看板を頼りに行ってみると。

確かにあった。

それも、満員w

とても食べられそうな雰囲気というか、順番待ちでどのくらいの時間がかかるのかわからないほどだ。


こういう時の私たち夫婦の決断は早い。

じゃ、やめよう。



しかしすごいねぇ。


僕等は「マーケティング」ということを考えて仕事をしているわけですが、こんな山奥でお店をオープンさせようと思ったオーナーの考えを聞いてみたいものです。

確信はあったのか、無かったのか?

売れると思ったのか、売ることより重要なことを優先したのかどうか?

知りたいことはいっぱいだ。

妻には悪いが平日一人で出かけてみようと思いつつ、帰路につく。


お店の名前?

それは実際に行ってから紹介することにします・・・。
posted by まいあめ工房 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

飴でこんな事ができます

ブログタイトルが「オリジナルキャンディー開発日誌」なのにオリジナルキャンディーについて記事が少ないんじゃないか?という突っ込みも出そうなぐらい、まいあめの作品について触れていませんね。

m(_ _)m

最近製造したものの中から一つご紹介。

20100311.jpg

どうですか!

これ、スゴイできじゃないでしょうか。

接写がうまくいかなくて、若干ピントが甘いですが「新宿御苑」と入ってます。

これ、直径20ミリの飴の中に組み込んであるんですよ。

いやいや、直径20ミリの中にボールペンで書き込んだってこんな綺麗に「新宿御苑」なんて書き込めない人も私は入れてかなり大勢いると思いますw

キャラメルっぽい色合いに見えますが、黒糖を使って上手く出してあります。

写真で見ると大きいので ( ´_ゝ`)フーン な、感じかもしれませんが、わずか20ミリの飴ですからね。

うちの大将、人間国宝並みの技術だと思うのですがw

おかげさまで4月の受注も恐ろしい勢いで入ってきます。
スケジュール調整が大変で、嬉しい悲鳴の毎日です。
ラベル:まいあめ 技術
posted by まいあめ工房 at 09:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

小規模企業でも考えるべきメディア戦略

昨日夜出張から戻りました。
仕事の合間に、高収益トップ3%勉強会に出席。

経営を取り巻く環境が厳しためか、勉強熱心ですよね。会場の東京国際フォーラムG610室は満員でした。

勉強会のゲストスピーカーは広告代理店の社長でTV業界では「ガイヤの夜明け」や「NHK・クローズアップ現代」などの番組のキャスティングやプロデューサーとして企画会議に参加、現在はメディアブランド化のコンサル業務をされている株式会社パレット代表取締役社長桜井氏による、企業が宣伝広告ではなく、パブリシティや記事記載対象ととして目的に沿って意図的にメディア側から取材されるにはどうずれば良いかというテーマでのお話しでした。

まいあめ工房も今年に入って新聞3紙、テレビ2局に取り上げていただきましたが、まともに広告費として換算するととんでもない金額になりますものね・・・。

懇親会で直接お話しさせていただきましたが、やはりテレビ業界で生き残ってこられた方はアグレッシブでした。
ちなみにこんな方・・・

20100310.jpg


具体的な番組名を上げていただきながら、ここにCMを打ったら3ヶ月で予算はいくらとかお聴きすると、頭がくらくらしますw

石原先生によると、
マスコミに取り上げられるかどうかは高校野球のようなもの、小さなメディアで取り上げられて、順次大きなメディアに取り上げられるかどうかの勝ち抜き戦 みたいなものだそうです。

ちなみにまいあめ工房はただいま地方予選で健闘中といったところでしょうかw

ここを勝ち抜けると、全国なのか?

ま、それはともかく、こういったマスコミを利用するのも大いに戦略が必要ということがよくわかった勉強会でした。
ラベル:マスコミ
posted by まいあめ工房 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ブームは本物を食い物にする。本物のマカロンとは・・・

ウォールストリートジャーナルの日本語版WEBを見ていたらこんな記事がありました。

20100308_02.jpg

マカロンブームにノン!−フランス人は本格派がお好み

記事を読むと、なるほどなぁと・・・。フランス人が自国の食文化に寄せる思いは並々ならぬものがありますね。
マカロンという焼き菓子に対しても、マクドナルドで扱われることを「よしとしない」

本物のマカロンを知っている人にとってはマクドナルドやスターバックスで販売されている「マカロン」とは、マカロンに似ていて実際はマカロンではないということなんでしょう。

「悪貨は良貨を駆逐する」と昔から言われるように、似て非なるものが多くの人に認知されてしまうと「本物」が揺らいでしまい、表舞台から消えていくこともあり得る。。。これは市場経済の特性ですね。

たまたま焼き菓子好きでマカロンに対してはそれなりのこだわりを持つ自分としては、無視できない記事でした。

ブームになる前に「本物」を多くの人に知っていただきたい。

作ってきたり、親しんでいた人たちにとっては切実な思いでしょうね。

では本物のマカロンとはどんなものか?

パティシエに新しいお菓子や素材の使い方をレクチャーする、プロ中のプロが「おいしいマカロン」とはについて語ってます。
国内外の有名店のマカロンを200種類以上食べた方のお話しなので重みがあります。

マカロンの味を決めるのはアーモンドのみずみずしい香りです←クリック
20100308.jpg

幸い自分は早くに「本物のマカロン」に触れることができたラッキーな人間だなと改めて思いました。

巨大企業に蹂躙されるのを黙ってみていられないなら、細々とでもいいから、「これがマカロンというお菓子なんだ」ということを情報発信していかなければいけないと思いますね。
ネットというすばらしいツールがあるのだから、こういった情報発信も本物を作っている人たちの義務だとも思います。

ちなみに、私のホワイトデーのプレゼントにはこのマカロンを使いますよ。
posted by まいあめ工房 at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ビジネス人生最大の遅刻をしました

昨日は実に中途半端な時間にブログを更新した後、午後の予定をこなすべく精力的に動き回ったのですが、思わぬ落とし穴が!!

最後の予定の16時からの打合せに間に合ように、車を走らせていたのです。
普段ですと、会社から近いインターからさっさと名古屋高速に入り向かうところなのですが、その前に数件訪問するところがありましたので、いつもとまったく違うところから向かっていました。

産業用の道路というか、名古屋市の港区、埋め立て地の工業地帯を抜けていくような道路でしたので大型トラックがバンバン通り、おまけに月初めですので普段より交通量が多く感じられたものです。

予定時間より5分ほど早く、あと15分ほどで到着だなぁ と、思っていたその時、
「バンッ!!」
というスゴイ音がしたかと思うと、車の動きがおかしくなりました。
その直前に渡った信号のおかげで幸い後ろには車がいなかったのですが、交通量が多い所でしたので大通りを避けて、でかい工場の間の脇道にそれて車を確認すると、バーストしてましたよ。(´Д`)ハァ…

20100302_02.JPG

思いっきりめげました。

とても約束の時間に間に合いそうもないし、雨は降ってくるしさんざんな状態。遅れる旨を電話でお伝えして、焦りつつも動かせるようになるまで50分。スペアタイヤなのでぶっ飛ばすわけにも行かず、慎重に走ってようやく到着。

約束の時間に遅れること1時間5分。ビジネス人生の中で最大の遅刻です。

m(_ _)m

待たせちゃったのは、ある社長とこの方・・・

20100302_01.JPG

NHK名古屋の辻本キャスターでした。

待っててくれたんですねぇ・・・。というわけではなくもちろん私がご紹介した社長との打合せが続いているというわけですよ。
社長の方は、セッティングした私がいないため美人と二人で打合せできて、「遅刻大歓迎」的な不敵な笑いw

いやいやほんとに失礼しました。

その後辻元さんとも1時間ほどお話しできたし、辻元さんとの打合せ終了後、社長とも仕事の展開についてご理解いただけたので有意義な一日でした。

タイヤはバースとしたけれど、いつものように高速で向かっている途中になっていたら思うと・・・
今回のバーストはある意味ラッキーだったのかもしれません。

いやぁ、仕事熱心で良かった。
ラベル:NHK
posted by まいあめ工房 at 08:52| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

メンテナンス

よくわからない事情で「Seesaaブログ」のメンテナンスが長引き、2日間更新できませんでした。メンテナンスに時間かかりすぎだと思うけどね。

メンテナンスと言えば、まいあめ工房の現場でもようやくメンテナンスが終了。
ピロー包装機という、飴を個別包装する機械の古いコンピュータ基盤を交換したのですが、かえって調子が悪くなり包装時にロスが出てしまうという問題が発生し、再調整に手間取ってました。

当然製造スケジュールはあるし納期は迫るしで、現場はピリピリムード。

ここでも、包装機メーカーに対して「時間がかかりすぎ」とぶつぶつ言いたくなるw

3月の生産予定が過去最高となるので、その前になんとか不安を払拭しておきたいという気持ちで、基盤の交換という思い切ったメンテナンスに踏み切ったのですが、それなのに不安を抱えながら3月に入るというのはどうしても避けたかったわけで・・・。

無事完了して一安心です。

不安材料は早めに潰しておくのが一番。先送りするといいことなし。

さあ、頑張るぞ!
posted by まいあめ工房 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

ビジネスに於ける想像力

まいあめ工房の現場は相変わらず忙しい日々を送っていますが、先週末は毎年ご依頼いただく東京都観光汽船さまからの依頼のキャンディー6種類の制作を行っていました。

東京都観光汽船さまといえば、有名なのは「ヒミコ」ですよね。

20100222_01.jpg

20100222_02.jpg

この独特なデザインは松本零士さんによるものですが、自分がイメージ想像した物が現実的に形になって目の前に現れるという感覚は、想像した人間にとってかなりのインパクトになるものですよね。

ビジネスに携わる者としても、例えば「まいあめ工房」はこうありたいと願うイメージがあり、そういったコンセプトや理念に沿ってリアルに実現していく時のおもしろさとかスリリングな感情というのは、独特なものがあります。

ビジネスの場合はバラ色な未来だけをイメージして推し進めていってもうまくいかないわけですが、色々なリスクを回避して思うような「落としどころ」に持って行くのは恐怖や不安との戦いでもありますよね。

悪いことに、人間の想像力は時によっては暴走するわけですから、バカみたいな成功イメージだけが一人歩きしたり、逆に不必要な不安だけがふくれあがったりと、コントロールが難しい。

いや、本当にw

そんななか、スフィアを久々に見ました。


スフィア [Blu-ray]

スフィア [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray




太平洋の沖合の海底基地に召集された心理学者のノーマン(ダスティン・ホフマン)、生化学者のベス(シャロン・ストーン)、天才数学者のハリー(サミュエル・L・ジャクソン)らは約三百年前に海底深く沈んだ宇宙船の調査を命じられ、船体から謎の巨大な球体が発見した。ハリケーンが接近、海上との連絡が途絶え、海底基地は孤立する。次々と異常が起きて、職員の命が失われた。最後に残ったノーマン、ベス、ハリー三人は球体が人が想像したことを全て現実にすることに気付く。襲い来る現実化した恐怖・・・

と、まあこんなストーリーですがマイケル・クライトンの原作


スフィア―球体〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

スフィア―球体〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: マイクル クライトン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1993/02
  • メディア: 文庫




を、読んだ時は

スタニスワフ・レムの「ソラリスの陽のもとに」の焼き直しだなぁって感じて、おもしろさが半減でした。


ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)

  • 作者: スタニスワフ・レム
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1977/04
  • メディア: 文庫




ま、ソラリスの陽もとに は名作中の名作だから仕方がないけれど・・・

でもね、映像表現となると「スフィア」は上手くできていたと思います。

Blu-ray的には画質も音響もちょっと不満がありますが、この映画をあらためてみて、ビジネスに於ける「想像力の大切さと怖さ」を再確認した週末でした。
ラベル:企画
posted by まいあめ工房 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

姉妹サイト「まいガム工房」が日経新聞に掲載されました

休みを挟んで、出張はあるは、親戚関連のイベントはあるはで久々に間が空いてしまったブログ更新。

この間Twitterでもほとんどつぶやくことが無く、ネット上では「仮死状態」でした。

おかげさまでオリジナルキャンディーまいあめ工房へのお問い合せも多く、サイト上にはいつも通り生産予定枠が表示されておりますが、すでに3月分までいっぱいの状況で、現状の最短納期は4月10日前後となってしまっています。

1件あたりのお客様の発注数量が増えている傾向にあり、現場では生産スケジュールに頭を痛めながら頑張っています。

さてさてそんな中、昨日の日経新聞に姉妹サイト「まいガム工房」が紹介されていました。

20100218.jpeg

えーと、後ろの方5行ぐらいです ( ̄ー ̄)ニヤリ

(株)吉松の花木社長のお話だと、電話で軽く問い合わせみたいな感じだったようで、掲載されると聞いた時は

Σ(゚Д゚;エーッ!

という感じだったそうです。

おまけに、あれだけ「まいガム工房」といったのに、どこにも「まいガム工房」と載っていないと・・・。
(株)吉松で検索されてもコーポレートサイトには「まいガム工房」のサービスが載っていないので、慌ててしまった等々
新聞掲載後のドタバタもそれなりにあったようです。

本格稼働後4ヶ月。少しずつ認知もされてきて、数字もあがってきている様子。これからの展開も楽しさと計画性が満載で、やりがいのある仕事ですよね。
posted by まいあめ工房 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

スーパーニュースで紹介され、サーバー落ちました。

もうタイトルそのまんまです。

今日スーパーニュース(といっても東海ローカル)で10分ほど紹介されたせいで、アクセスが集中してサーバーが落ちました。

ご迷惑かけてるだろうなぁ。

せっかく検索してきてくださった皆さん、申し訳ありません m(_ _)m

このところ、アクセスが集中してもどうって事無かったのに・・・。

サーバーが落ちたのは2年ぶりかな。

asahi.comのトップページに写真が掲載されリンクが貼られた時以来です。

早く落ち着いて、さくさくと見てもらえるように今は願うだけ・・・

posted by まいあめ工房 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ピロー包装機のメンテナンス

まいあめ工房の制作スケジュールは現在エアポケットのような状態です。

というのも、飴を個別包装するピロー包装機のメンテナンスに入り、昨日から個包装ができないためです。

昨年末からどのタイミングでピロー機のメンテナンスをするかという打合せを行い、調整した結果2月8日〜11日まででということになったわけです。

そのため、12日納品分までを8日午前に製造検品を行い、出荷するスケジュールでしたので現場は結構大変でした。

その大変な合間を縫ってテレビ取材などもこなしていたので、毎日生産スケジュールとのにらめっこが続いていましたね。
現場のみんなが非常に有能な上頑張ってくれたので、無事出荷もでき、メンテナンスにも取りかかれました。感謝です。

今日朝一で現場を覗いた時には、ピロー機のコンピュータ基盤などがはずされている状態で「おお、やってるなぁ」という感じなんですが、費用のことを思うとさすがに結構かかります。

さすがに金額はナイショですw

10年以上使っているピロー包装機に何かあった場合は納品スケジュールに大きく影響を与えてしまいます。

そういったことがないように、現場はいつも注意してくれています。
ラベル:顧客満足
posted by まいあめ工房 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

NHKほっとイブニング放送を終えて

昨日は予定通りNHKのほっとイブニング「東海の技」にてまいあめ工房の職人さんが紹介されました。

動画を掲載したいところですが残念ながら難しいのでテキストのみでご報告。

反響については問い合わせ先などの紹介がないため目立ったものはありませんでしたが、それでもアクセスログを見ていると、その時間帯のアクセス件数が若干多かったこと、アクセス時間が長く当然ページビューも多いなど、興味を持ってみられたことがわかります。

そんな反響よりも一番感心したのは「画像の綺麗さ」でしょうか。

いままで取り上げていただいたマスコミの中で、最も飴を綺麗に撮影していただいたと思います。

番組上では企業ロゴやキャラクターなどは映せないため、当たり障りのないデザインで、干支をモチーフにした飴(ウサギ、牛、犬 など)をお渡ししたのですが、レイアウト方法、ライティングなどすばらしく、いつも見ている物と思えないほど、綺麗にテレビ画面に映っていました。

いやぁ、このブログに画像を載せられないのが残念です。

posted by まいあめ工房 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

恵方巻。いろいろ出てますよね

節分ですね。

今では豆まきよりもメジャーになった感じのする「恵方巻」ですが、皆さんご用意してますか?

元はといえばあるコンビニが取り上げて上手いことマーケティングしたわけですよね。

すごいなぁ。

いまでは、本当にどこでもやってますよ。

自分の周辺にもこんなのありますしw


20100203.jpg

恵方ロールですよ! (・∀・)ニヤニヤ

巻き寿司より食べやすいのですが、受けますかねぇ。

明日販売本数きいてみよっと。。。
posted by まいあめ工房 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

バレンタインデーのハートチョコにプロフェッショナルを心意気を見る

昨日は少々用事があって雨の降る寒い中、名古屋市のお隣、東海市にある有名パティスリー Marieeさんに行ってきました。

オーナーパティシエの廣瀬社長には「知りたがり」の私のことをよく理解していただいているので、時には厨房に入れていただき様々なお話しを実際に自らやっていただきながら、聞かせていただいてます。

前回遊びに行った際はまいあめ工房の「合格飴」に触発されたのかw「合格祈願ロール」なるものを作ってみたとかで、五角形のロールケーキを紹介されましたが、その時に

「祈願」より実際合格した時のお祝いのデコレーションケーキのほうがいいんじゃないですか」

と、いう話もでたんですね。

今回おじゃましたら、やっぱりありましたよ。

20100202.jpg

桜が見事に咲いてます!!

真上から見るときちんとした五角形ですよね。

20100202_02.jpg

ケーキの側面にもピンクのグラデーションがありとても上品な美しさのデコレーションケーキでした。

ところで今回は厨房で、チョコレートを見てきました。

バレンタインデーが近いですが、うかがった時間がちょっと遅く仕込みまでは見てこれませんでした。残念・・・。

ところが
「ちょっと抜くところ見ていく?」

というありがたいお言葉でw 艶々ピカピカの真っ赤なハートチョコレートの完成の瞬間を見てきました。


( ゚Д゚)ウヒョー  ハートがいっぱいですよwww



この艶々ピカピカのハートチョコレートはどうやって作るのか?

小一時間訊いてきてしまいましたw

ここには映っていませんが、艶々ピカピカでおまけにグラデーションがあるハートチョコレートについても、何故こうなるのかという話がとてもおもしろかったです。

成功の方法よりも、何故失敗したのかという原因を徹底的に調べて潰していく。

そうでなければ、手作りで安定した商品は出せない。

廣瀬社長のプロフェッショナルとしての仕事に対するポリシーに感銘を受けました。
posted by まいあめ工房 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

読売新聞の取材

今朝、読売新聞社さんからお電話をいただいた。

「前回合格飴取材時にお話をうかがった、雛菓子のメーカーさんをご紹介いただけないですか?」

早速、読売新聞さんが取材したい旨を(株)吉松の社長に伝えた。

で、14時頃吉松さんを覗いてみると・・・

20100201_02.jpg

( ゚Д゚)ウヒョー

すでに取材に来てました。 早い!

天気が悪いと外での撮影がダメ、月曜日は公共施設関係がお休みが多くてダメ、などなど・・・。今日のような日の写真取材はなかなか苦労するそうです。

なるほどなぁ。

とすると、屋内作業で季節性(もしくは祭事性)がありカラフル且つ月曜日いう条件を満たすと、新聞ネタになりやすいと言うことですね。

うーん。参考になるなぁ (ΦωΦ)フフフ…

posted by まいあめ工房 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよバレンタイン商戦

昨日は小雨ぱらつく中、寒かったので引きこもりで映画を観ていたわけですが、仕事的には今年のバレンタイン商戦がどんなものか、チェックに行くのにちょうど良い日だったかもと反省w

昨年の感じではもうちょっと「インフルエンザ」の猛威なんてのが喧伝されていて、デパートなどの集客が若干悪くなっているんじゃないかと予想しましたが、最近では「インフルエンザ」についてはまったくと言っていいほど報道されなくなりましたね。

たまに報道されても「ワクチン余ってます」というニュースだったりしますしね

そういうことで、今年はバレンタインが日曜日。本命チョコに大きく集中しがちな感じもしますし、11日を絡めて「大型連休」のような感じで、チョコレート以外の消費行動になるのかと(たとえば旅行とかね)考え方は様々ですね。

自宅近くの大型ショッピングモールにも知り合いのパティシエが数件商品を供給するようですし、チェックだけはしなければなぁ・・・。

いや準備はしていたんですよ。

20100201.jpg

今年のJR高島屋のバレンタインブックレット(って言っていいのかな?) 行こうかなぁと思っていたら、タイミング良く先輩にいただいたので助かりました。

これを見ながらあれこれ考え(・∀・)ニヤニヤするわけですね。

(゚д゚)ウマー、とか、Σ(゚Д゚;エーッ! とかね。

いただけるとかどうかというのは、まったく考えないあくまで仕事の「バレンタインデー考」ですよ。
posted by まいあめ工房 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

気温と同様に冷え込んだ1月の景気

あっという間に1月の最終営業日を迎えて、

「いやぁ、今月は悪かった」
「予算全然行かないよ〜」

なんて、会話がちまたを行き交っています。

お菓子業界なので増減の振幅が目立つような業界ではないと言われたりしますが、もうそれは遠い過去の話w 最近は多少のタイムラグはありますが大きく影響は受けます。
それにしてもこんなに落ち込むのは初めての経験だなという先輩経営者もいらっしゃる状況です。

今年の厳しさがうかがえますよね。

そんな中でも歯を食いしばって、何かを考え行動に移していくのが経営者ですから、弱音だけは吐きたくないものです。

こうなってくると売上を求めて、代下げに見えるたの業界業種への進出が目立ってきたりしますが、これはある種「ビジネスモデル同士の戦い」ですよね。

最近は身にしみてわかります。


異業種競争戦略

異業種競争戦略

  • 作者: 内田 和成
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2009/11/10
  • メディア: 単行本




年末に読んだ本ですが、ビジネスモデル間抗争をわかりやすく書いてあるのでお奨めです。




今日はテレビ収録最終日。

スーパーニュースの最終収録日です。

できることは何でもやりますw
posted by まいあめ工房 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

「THIS IS IT」を観てプロフェッショナルについて考える

昨日は子供達とマイケルジャクソンの「THIS IS IT」を100インチスクリーンを降ろしてしっかり見ました。

「カッコイイ!」

というのが子供達の(といっても大学生2人と高校生だが)感想ですかね。

音も遠慮せずにドカンと出して、気持ちよかったです。

プロフェッショナルというものを強く感じさせられたコンテンツでしたが、本物のプロフェッショナルは本当に周りの人に多大な影響を与えつつ大きくうねるように巻き込んでいくものなんだなぁと痛感。

完成したLIVEを見たかったなぁという気持ちがむくむくとわき上がりました。

そんな気持ちで仕事のスケジュールを見ると、この程度で凡ミスなんか出してちゃいけませんなぁ。


今日は朝から商談があって、午後からは工場見学のご案内もあります。わざわざこのために大阪から来て下さいますので、現場はもちろん気合いが入っているのですが職人は「プロフェッショナル」としてその技術を駆使するんですが、案内時に「プロフェッショナルとして」自分に何ができるんだろうかと、激しく自問してます。
posted by まいあめ工房 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

ウェブPRを真剣に考える:追加w

今朝の記事にモレがあることに気づきました(;´∀`)

ウェブ新聞に掲載されてました。

名駅経済新聞
Yahoo!ニュース 地域 東海

いやぁ、ウェブ新聞を忘れてたり(おまけにヤフーだし)してはいけませんね。

ということで補足でした。

そんなところに新たなニュース。

姉妹サイト「まいガム工房」を運営している吉松さんが、朝日新聞東海版の1面に掲載されました。ジャジャーン!!


20100126.jpg

まいガム工房ではなくて、本業のひな祭り関連菓子のトピックスです。

びっちり菱餅が並んでます。

みんな情報発信を巧みに行い、自社のイメージアップに頑張ってます。
posted by まいあめ工房 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェブPRを真剣に考える

昨年11月から、合格飴のページを作成し、受験シーズンに向けて
「直販だけでどう販売していくのか?」
という事をテーマにあれこれ試行錯誤をしながらプロモーションをやってきたわけです。

このプロモーションは合格飴だけでなく「まいあめ工房」としての認知度のアップや「組み飴職人」という職業のすばらしさを伝えるための重要なステップでもあるため、自分なりに考えていたつもりです。

11月からのPR成果は?というと

お嫁さんな日々でのプレゼント提供
名古屋のケーブルテレビ スターキャット機関誌の掲載
朝日新聞東海版の掲載
読売新聞中部版、関西版の掲載
中日新聞名古屋市民版の掲載
名古屋の女性情報誌 月間Kellyの掲載
東海テレビスーパーニュース取材
NHK名古屋 ほっとイブニング取材

と、まあこんな感じです。本当にいろいろ取材に来ていただいてありがとうございます。

テレビの2局については必ずしも合格飴という事ではないのですが、NHKさんは今回決まっていた取材以外にも「合格飴」で生放送できないかという別件のお話しもいただいていたので、合格飴効果と言えると思います。

テレビでの放送は未だ先になりますので、こちらの効果のほどは未知数ですが、まあ広告代理店でもなく、マスコミ関係者でもない一お菓子関連会社の人間がこつこつやった結果としては上出来ではないですかね。

費用的にはまったくと言っていいほどかかってはいません。

さて、そんな中こういった本が発売されて興味津々です。


ウェブPRハンドブック 基本知識から戦略策定・戦術実行・効果測定まで

ウェブPRハンドブック 基本知識から戦略策定・戦術実行・効果測定まで

  • 作者: 吉池 理
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2009/12/20
  • メディア: 単行本




まいあめ工房の社長としては、思いつくまま自分のできる範囲内でコツコツとやってきたわけですが、こういう「ウェブPR」という視点に立って、体系的というか戦略的にプロモーションしていくためのノウハウ本を読んで、きちんと勉強してみようかなと思った次第。。。

スポーツでも何でも「我流」では伸びしろは少ないですからね。

こういったPR戦略に「基本」というものがあるのかどうかはわかりませんが、「他を知る」「比較する」といったことは、重要なことだと思っています。

読了後、まいあめ工房のPR戦略になにがしかの違いが出るかどうか自分でも楽しみです。
posted by まいあめ工房 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。