2010年04月19日

ツイッターでコンタクト!著者とお会いし、速攻30分ミーティング

『11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業』 の著者、田口智隆さんと名古屋でお会いしました。


11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

  • 作者: 田口智隆
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




ツイッターをやっていて、たまたま田口さんのツイートを見る機会があったのがご縁。

そのツイートの中に11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業のプロモーション用(?)チロルチョコレートを配ってます。というツイートを発見したので、速攻で「こんなのできますよ」と、まいあめとまいガムのURLを送ったのでした。

早速、「一度サンプルなんかがあれば見てみたい」とDMを送っていただき、本を取り寄せ準備を開始。
さすがに「まいあめ」では制作スケジュール的にも厳しく、またサンプルといっても3500個になってしまうためw、まいガムのみ作成。

いろいろと準備が整い、送付しようかと思っていた今日、またしてもツイッターで田口さんの
−−−−−−−−−−−−−−−−−
こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました!(大感謝っ)帰りの新幹線(名古屋駅14:53発)まで書店巡りしてきま〜す
−−−−−−−−−−−−−−−−−
との、ツイートを発見!

お、なんと名古屋にいらしてるんだ!!
えーい、あたって砕けろだぁ〜

というわけで、無謀にも
−−−−−−−−−−−−−−−−−
オリジナルガムサンプルできました!名古屋ですのでどこかでお会いできれば直接お渡しできますが・・・
−−−−−−−−−−−−−−−−−
と、リプライをさせていただくと、快いお返事が!!

というわけで、直接ご本人にお会いしてお渡しできました。
ラッキー!

もちろんまいガムだけでなく、まいあめの色々なサンプルも( ̄ー ̄)ニヤリ

喜んでいただけて、
「まいあめを発注する際は、必ず工房見学もお願いします」
との、これまた嬉しいお言葉。
「これから熱くなるので、チロルチョコは使えませんから、まいあめとかまいガムはとてもいいですね」 

おお!わかっていただけましたよ。ъ(゚Д゚)グッジョブ!!


デザインもほぼ決まっており、配色とスケジュールが決定すればまたまた楽しいことがありますね。

さてさて、こんなにもとんとん拍子に物事が進んだのは、なんと言ってもツイッターのおかげですね。

とにかく速い!
タイミングさえ合えば直接お会いしてMTG(ミーティング)なんかも今回のようにできちゃいます。


ツイッターの威力をまた体感したという次第です。
posted by まいあめ工房 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USTREAMを使用してオリジナルキャンディー制作現場を生中継したい

今日は糸井事務所様から依頼の「まいあめ」制作予定日。

午後からの予定ですが・・・。

制作風景を、カメラに納めて欲しいと言うことだった。
危ない危ない、危うくスケジュール調整をし忘れるところだった。

写真だけは現場に行かないと撮影できないですからね。
現場のみんなは作るのに精一杯だから。。。

現場にいるという状況が避けられないのなら、写真を撮っていても動画を撮っていても同じなわけで、iPhoneで撮影してそのままYoutubeにアップロードなんて事も「あり」かと思ってしまう。

いやいや、アップロードなんて面倒なことをしなくても、お客さんと打合せをしておいたら、USTREAMを使用して「生中継」というのもできるんだな。

これは結構いいかも。

まいあめ工房は「店舗」を持っていないので、「見せて売る」ということができません。

クラブハリエなんかがバームクーヘンを焼いて見せつつ販売するという方法を店頭でとっていますが、ああいった手法がやれれば強いんだけれども店舗がないからできなかったんです。

工房見学が多いのもそういった「制作現場のおもしろさ」があってこそだと思うしね。
作っている物の「飴」という「ほんわかした雰囲気」とはまったく違う制作現場の緊張感とか、殺伐とした雰囲気(複雑なデザインになると現場は修羅場ですよw)を伝えられれば、それはそれでお客様にとってはある種の価値観に繋がるんじゃないでしょうか?

未だに「どういう機械で作るんですか?」なんて質問を受けますからね。

100%手作りということをわかってもらうには良い手段w

今は事情があり休んでいますが、秋からの復帰に向けて飴細工の方もUSTREAMを使って、お客さんのリクエストに応えながら作っちゃうなんていう、いながらイベント方式ができる?

こちらの方が制作時間が短いので都合が良いかも。

秋からの復帰に向けて細工飴のコンテンツ造りを開始するにあたり、重要なコンテンツと位置づけるかな。



ライティングなどを考えたところで撮影すればもっと綺麗に見えるもんね。
posted by まいあめ工房 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

マカロン取材現場はプロ達の場所

お世話になっている「マリエ」さんで15日-16日にかけて行われた、NHKさんの取材時の写真を整理していました。

なんというか、ピンと張り詰めた空気が写っているような写真があります。

プロとプロの真剣勝負の場と言うんでしょうかね。

この場合私は部外者なので、ただ傍らにいて息をのむだけです。

20100417_01.jpg

昨日アップロードした、撮影に取りかかる前の写真とはまったくムードが違うでしょ。

この写真は、メレンゲとアーモンドプードルなどを合わせる時のポイントについて廣瀬社長が解説しているところですが、聞いているキャスターの辻本さんの表情にも真剣さと厳しさがあります。

さらに深く掘り下げていきます。
このまなざしで聞かれると、どんどん言葉が出てくるのでしょうか。

20100417_02.jpg

プロとプロとが火花を散らす、そんな取材現場でした。
タグ:NHK 取材
posted by まいあめ工房 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

「龍馬のマカロン」のNHKの取材にちょっとおじゃましました

NHKのほっとイブニングの取材がお世話になっている「マリエ」さんにてありました。

ちょっとその取材現場におじゃましてきました。

もともとは「まいあめ工房」の取材で知り合ったキャスターの辻本さんとお話しさせていただいているうちに、マリエの廣瀬社長を紹介することになり、嬉しいことにとんとん拍子で取材が決まりました。

昨年暮れ、廣瀬社長とマカロンの話を重ねているうちに、男のためのマカロンというコンセプトで、「龍馬のマカロン」という商品を作ろうということで盛り上がったのですが、NHKさんの今年の大河ドラマが「龍馬伝」なので、内容的にもバッチリだったことが、話がうまく進んだ理由かもしれません。

おじゃましたところ、ちょうどスタッフも準備が終わったところでちょっと一休みといった感じ・・・

辻本さんはおいしそうなケーキがいっぱい並んだショウケースを楽しそうに見ていました。

20100416_03.jpg

スタッフと廣瀬社長がショコラを見ながら軽く打合せ・・・

20100416_02.jpg

この後、来客するお客様をカメラに納めた後、いよいよ「龍馬のマカロン」制作風景の撮影に入りましたが、その模様はもちろん放送日にご覧下さいというわけですw

龍馬のマカロンとはなにか?

どんなマカロンなのか?

放送は4月21日のNHKのほっとイブニングです。

東海地区の方是非ご覧下さい。

タグ:NHK 取材
posted by まいあめ工房 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

専門学校生の工房見学

今日は午後から名古屋市にある専門学校トライデントの生徒10人が、まいあめ工房へ制作現場の見学に来ました。

10人というのは結構大変。

ある会社から依頼されたキャラクターの飴の制作を見学に来たのですが、あっという間の出来事だったようであっけにとられていた様子。

20100415.JPG

狭い中にぎっしりいます。

これもごく一部ですが・・・

20100415_03.JPG

パテシエ学科の生徒達でしたが、普段学んでいるお菓子とはまったく違った工程に、言葉を失っていました。

計量することなくどんどん作業を進めていくのは、パテシエにとっては考えられないことですからね。

計量しないというより、計量できない状態で作業するということを理解していただけたかな・・・。

いつも通り一時間ほど見ていただきつつ解説をし、お土産を持たせて工房見学は終了。

お疲れ様でした。
タグ:工房見学
posted by まいあめ工房 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HootSuiteとEvernote

なんかツイッターが熱くなってますが、皆さんクライアントは何を使っているんでしょうか?

はたまた他のツールとどう連携させて、ツイッターを活用していらっしゃるのでしょうか?

iPhone用のクライアントについては色々なところでレビューのような物を見て参考にしていますが、デスクトップとなるとどうなんでしょ。

自分はリスト表示をきっちりさせられるのと友人からのお薦めで、HootSuiteを使ってます。

フォローしている人がそれなりに増えると、タイムラインを追うことが難しくなるため、リストを作成しタイムラインをリスト事に表示することで見やすくなりますよね。

こんな感じですが・・・

20100416_01.JPG

1画面に5つのカラムで表示でき、タブを設定することでたくさんのリストを管理表示できて便利です。
このHootSuiteを使い出して初めてツイッターの「おもしろさ」がちょっとわかったような気がしました。

で、Evernoteの登場ですよ。

隙間時間にHootSuiteを立ち上げて、リスト表示をされたツイッターを見ながら、気になるツイートを見つけてはマウスを使って反転させて、Evernoteを送ります。

Evernote側はツイッターという名称のノートブックで受けて、リスト名をタグとしてつけておきます。これで、タグ検索して表示させれば、リスト毎の長期にわたるタイムラインのポイントがEvernoteに再現されて多少は便利かなとw

すみません。当たり前の使い方ですよねぇ m(_ _)m

詳しい方、もっと便利で楽しげなツイッターとEvernoteの合わせ技教えてください m(_ _)m
posted by まいあめ工房 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

東京糸井重里事務所様に行ってきました

11日から出張しておりましたがようやく戻ってきました。

ハードで濃い内容の出張でしたので正直かなり疲れました。

この3日間のことは追々このブログでもネタになることですが、まずは表題の話題で・・・。

これまで「まいあめ工房」の仕事でかなりの数の会社を訪問しています。
有名無名を問わず本当にいろいろ。。。

どちらの会社も温かく迎えていただけてありがたい限りですが、そんな多くの素敵な会社の中でも、「また是非伺いたい!」と思えるナンバーワンの会社は、「ほぼ日刊イトイ新聞」で有名な東京糸井重里事務所様です。

まいあめ工房のお客様インタビューにも登場いただいてます。

とにかく雰囲気が抜群に良い!

ほのぼのと暖かく、それでいてスタッフの皆さんの仕事に対するスタンスはプロフェッショナルそのものです。
コンテンツ造りのプロ集団という感じがビンビンとかガンガンではなく「じんわり・ほんわか」と伝わって来るというどこにもない雰囲気。

うーん。残念ながら私の文章力では表現しきれません。

今回は仕事のお話しの他に「まいあめ工房」からのお願いもあったのですが、親身に話を聞いてくださりすばらしいアイデアを提示していただくと同時に、協力いただけることになりました。

感謝感謝です。

帰りがけに「LIFE読みました?」
と、聞かれ「まだです」と答えると。

お土産としていただきました。


LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)

  • 作者: 飯島 奈美
  • 出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 単行本





LIFE2 なんでもない日、おめでとう!のごはん。

LIFE2 なんでもない日、おめでとう!のごはん。

  • 作者: 飯島 奈美
  • 出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所
  • 発売日: 2009/12/11
  • メディア: 単行本




2冊も!

それをOHTOのバックと合わせて・・・

20100413.jpg

嬉しかったですねぇ。
このバック、娘が大喜びですw

どんな形で「まいあめ工房」と「ほぼ日」かコラボするのかは数ヶ月後のお楽しみということで、こんな会社になりたいと学び、頑張るだけです。
posted by まいあめ工房 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

定位置男子と職人、そして「ドラえもんの手」

今朝の「めざましテレビ」で、「定位置男子」なるものを特集していました。

取り上げているスタンスというのが「草食男子」などと同列というか、若干「キモイ」的要素を混入させた”小馬鹿見下し系”の取り上げ方でしたね。(スミマセン。あくまで個人的な感想です)

女性から見ると「面倒くさい」とか「強要しないで欲しい」とかネガティブ要素が高いイメージだそうですよ。

自分は生活に於いて「定位置男子」ではありませんが、仕事となると定位置にないと困る物の方が圧倒的に多いです。

仕事系定位置男子w


まいあめ工房の現場でも、道具というものは恒に定位置にあります。

職人さんはそういったことに異常にこだわりますよね。

それは道具が定位置にあった方が圧倒的に仕事の効率がよいからです。

物理的な位置を占める「道具」と物理的な位置を占めない「情報」とでは整理の方法も違い、定位置にあるかどうかはその職種によってずいぶん重要度が違いますよね。

「情報という道具」を主に駆使して仕事をしていれば、Evernoteのようにどんどん情報を雑多に突っ込んでいっても、タグの付け方や、更新日付、含んでいる情報の種類などで、あっという間に取り出せる事ができれば、整理整頓、定位置なんてやっかい事から開放されるわけです。

物理的な道具を使う職人さんはそうはいきません。


ある職人さんに、一番欲しい道具は何かと尋ねた時に

「ドラえもんの手」

と、即答された時には驚きよりも強烈に納得したのを覚えています。

必要な時に、必要な道具を意識することなく四次元ポケットのような雑多なところから瞬時に引き出し手にできる魔法の手。

職人にとってはこれが究極の「道具」となるというわけです。

そんな究極の道具が開発されるまで、恒に物作りの現場では「定位置男子」が存在し続けることでしょう。

posted by まいあめ工房 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

Evernoteがもたらしてくれたもの

整理整頓が苦手な私は、日頃から「汚さない」「散らかさない」を考えて生活しているつもりなんですが、どうにもならないのが紙媒体。

書類の整理がことのほか苦手です。

で、結局紙媒体については「自分で整理しない」がモットーで、もっぱら読んだら預けてしまい、あとで「あの書類ちょうだい」とお願い。

自分でやろうとすると「あれがないこれがない」とうろたえるばかりw

ここでみんなにご迷惑を掛けるよりは自分でやらないことがみんなのためだったりするんですよ。

そうはいってもPCの中身については、きちんと整理整頓されています。
プライベートな面やセキュリティーの問題もあってやらざるを得ないというのが実情です。

デスクトップのアイコンは左側に1列半までとか、一定期間以上チェックしていないファイルはそのフォルダの一階層下に追いやるとか自分なりのルールがあってそれなりに仕事しやすい環境にしています。

その中でも実は苦手なのはブラウザの「お気に入り」

本当に数えるほどしか登録していません。

気になるページをお気に入りとしていけば増えすぎてしまいどんどん収拾が付かなくなって混乱を招くだけだからです。

弊害も当然あります。

あの記事どこで見たっけ?
このネタのソースはどこにあったんだっけ?
などなど・・・。

それをこのところ一気に解決してくれたのは

Evernote

20100407_01.JPG

クライアントソフトを入れて、ブラウザのアドオン「ウェブクリッパー」を使えば、気になる記事の気になる部分だけをテキスト、画像を問わずEvernoteに入れていってくれます。

iPhoneなどのモバイル端末にEvernoteのクライアントを入れておけば、外出時の隙間時間などに、クリップしたノートをチェックして思いつくままタグを付ける。

こうすることで、覚えておく、整理する、から開放されると同時に、探すことも簡単になりました。

本当に少ない頭のリソースを上記のようなことから開放させると、ずいぶんストレスが無くなります。

Evernoteはビジネスライフにゆとりをもたらしてくれました。
posted by まいあめ工房 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

まいあめ工房「職人募集企画」進行中

先日まいあめ工房での「見習い職人募集」についてのエントリーをしたのですが、エントリーした日付が「4月1日」だったのはまずかったw

エイプリルフール企画の冗談ではなくて「本当の話」です。

1名を募集しようと考えています。

このブログで募集ができるほど甘くはないので、そこはきっちり企画を立ててやるつもりですよ (`・∀・´)キッパリ!

まいあめ工房のサイトの方でももちろん募集ページを掲載して告知はしますが、日本が誇るこのすばらしい技術を後世に残すべく努力しているということをご理解いただき、ある有名サイトに協力を依頼しました。

来週話を聞いていただけるそうでありがたいことです。

実現するとうれしいなぁ。

あと、ツイッターでもちょっとつぶやいてみようかな。
posted by まいあめ工房 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

あっという間に著者と繋がるツイッター

このところ、テレビのビジネス関連コーナーでツイッターがやたら取り上げられてます。

取っつきやすいんですがそれ故効果的な使い方がわからなくて

「で、どうすればいいの?」

と呆然としてしまう人が多いのも「ツイッター」なんですが、ブログが普及し始めた時もこんな感じじゃなかったですか?

ネットが認知され、加速度的に浸透して行くにつれツールが ホームページ→ブログ→ソーシャルネットワーク→ツイッターという流れで変わってきたように思うのですが(あまりにおおざっぱですみません)、このツールの変化によって「繋がるスピード感」がより一層速くなりました。

例えばネット以前は本の著者とコミュニケートするなんてことは、たまたま書店で開かれるサイン会のようなイベントに参加でもしない限りはちょっと考えられないことでした。

HPやブログが浸透し、ブログのエントリーに著者からのコメントが付いたりして一気にテンションが上がったりもしましたが、いまではツイッターでお気に入りの著者を捜して、フォローすれば簡単にフォローし返してくれたり、感想を著者がRTしてくれたりといった感じで、著者とコミュニケートするということは、わりと当たり前のことになってきてます。

昨日たまたまフォローしていただいた

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

  • 作者: 田口智隆
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




の田口智隆さんがイベントに際してツイッターで
−−−−−−−−−−−−−−−−−
ワールドインベスターズカフェ六本木に到着!この後、17時50分からの芋洗い坂トークLIVEに出演します。お近くの方はぜひお立寄りください☆バフェット君チロルチョコをもれなくプレゼントさせていただきます!
−−−−−−−−−−−−−−−−−
とのことに、早速「まいあめ」や「まいガム」を使って欲しかったとのリプライを送ると

−−−−−−−−−−−−−−−−−
@myame バフェット君あめ、ぜひ!本の中にバフェット君のイラストがあるので、それが飴に出来ると嬉しいです!
−−−−−−−−−−−−−−−−−

と、リプライが返って来るというこの繋がりとコミュニケーションの速さ!

あっという間に著者と繋がるツイッターの魅力を再認識しました。

ちなみに私のツイッターIDはmyame よろしかったらフォローしてください

http://twitter.com/myame
posted by まいあめ工房 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

14人の顔をいかに「まいあめ」で表現するのか

まいあめ工房では今までたくさんのオリジナルキャンディーを作ってきましたが、その中でも「顔」というのは一つの大きなカテゴリーですね。

ごくごく一部ですが、ケースに入れてあるものの中にも顔が結構あります。

20091023.jpg

うーん。細かすぎてわかりませんかね。

まあ、差し障りがないところで言えば

090826.jpg

などでしょうか。
名古屋まつりのときに、名古屋市から依頼された郷土三英傑「信長、秀吉、家康」です。


今、少々頭を痛めています。


似顔絵の飴を14人分できるかってことで・・・

直径20ミリの飴の中に(実際デザインを組み込めるところはには15ミリ)顔を入れるのでもなかなか大変なのに、14人分の違いを出してワンセットにするという前提です。

以前制作した時は、7人分でしたのでどうにかなりましたが今は14人に増えちゃってるんですよねぇ。

胃が痛いです。

飴の場合「ヘアースタイル」で違いを出すということが非常に難しいので(細かなギザギザとか綺麗に出せませんw)表情をメインにすると髭やほくろや眼鏡がないとワンセットにする場合の違いが出にくいです。

一般的には14人分なんてきませんから、一人ずつ制作しお届けですので違いを出す必要もなく
「似てます!ありがとうございました」
と、お礼が来たりして恐縮するんですけど

14人ですよ (´Д`)ハァ…

超難題です
posted by まいあめ工房 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

まいあめ工房見習い職人募集

4月1日はエイプリルフールですが、それよりも新しいスタートを切る日でもありますよね。

まいあめ工房でもこの「組み飴」という技術を後世に残すべく、人材の育成に取り組んでいます。

年が明けてからこの3ヶ月間、ハードワークが続いたのであまりゆとりがなかったのですが、ここはやはり将来を見据えて、職人見習いを募集しようと言うことになりました。

3年ぶり2度目の募集という事になります。

詳細はおってまいあめ工房のサイトに掲載する予定です。

もちろん経験不問!
若い経験者なんているはずないしw

技術を習得するという地道な長い道のりになるのですが、明るい未来を自分で切り開くことのできる道でもあると信じています。

前回は掲載1週間で2名決まってしまいました。

さて今回はどうなるのか・・・1名の募集となる予定です。
タグ:求人 職人
posted by まいあめ工房 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

出張の帰りに高速バスを使ってみたかったけれど

年度末そして新年度だなぁ。

と、朝のテレビ番組を見て音楽やらオープニングCGやらが変化していて改めて思いました。

テレビ局も結構厳しい経営状況だというので、予算なども削られていることでしょうね。そんな目で見るとセットなどもフィルターのかかった形でチープな印象を持たれるでしょうから困りものですね。

自分自身は年度末などというのはまったく関係なく、いつも通りですが珍しく月末に東京出張です。

行ったついでに少々勉強でもしてこようかと、勉強会に出席しますが、こういった勉強会は勉強会の後の「懇親会」がポイントだったりするわけで、参加しないわけにはいきません。

ところが今回は東京駅周辺ではないため、新幹線の最終に乗ることができず日帰りができない・・・。
高速バスを使って帰ろうかとも思い調べてみると。

いやぁ最近はかなり豪華になっているんですね。
いつだったかガイアの夜明けでもやっていましたがウィラートラベルなんか無線LANなんかも使えてしまうんですな。

大きく高速バスで帰る事に気持ちが傾いたところで、ユーザーの声を聴くべく、定期的に東京へ出張する弊社取引先の担当営業に
「高速バスで帰ったことある?」
と、訊いてみました。

「社長、週初めはやめた方が賢明です。疲れますから、その後の仕事に影響が出ますよ」

なるほど、なるほど。週末だったら日曜日に休養できるのでいいけれど確かに疲れを引きずりつつ5日も仕事をするのは嫌だな。

というわけで高速バスで日帰りは見送ることに・・・。

どこかで泊まって、火曜日に仕事をいくつかくっつけるとするかな。

posted by まいあめ工房 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

経営者の書棚を見れば必ず一冊はあるというのがドラッカーの本ですね。

まあ、経営者に限らずビジネスマンといってもよいかもしれません。

かくいう私の本棚にも

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

  • 作者: P・F. ドラッカー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本



などがあったりします。

ところがですね、なんというかわかりにくくて、本棚にあるだけw

なんて言う場合も多かったりするのが「ドラッカー本」らしいですよ

そのため「わかりやすい」とか「図解」とかがついて、ドラッカー本を理解するためのサブテキストなんかも売れたりするものですから、出版業界では「ドラッカー」は一つの市場を形成しているとも言えるんじゃないでしょうか。

そこへニューフェイスというか大型新人登場です。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

  • 作者: 岩崎 夏海
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: 単行本




どこの本屋さんに行っても平積み状態ですね。

コミックに見えますが小説になってます。

出だしから軽快というか有無を言わせない引っ張り込みw
「思ったら行動するタイプ」だとかねw
これ、最近の経営者ではなかなかできませんよね。

楽しく読めるし、ドラッカー本の解説本としては抜群の企画力です。

我が家の息子(経営学部3年)がリビングにあるのを見つけて
「ラッキー! 買おうと思ってたんだ」
という発言からも当たっているのは間違いないですね。

たぶんTVドラマ化を前提に企画されていると思います。
これならオジサンにもDVDが売れそうだし。



青春小説の形の経営書。お奨めです。
posted by まいあめ工房 at 08:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

iPhoneのGPS機能を上手く活用して欲しい

昨日はかなりハードな一日でした。

午前中は経営コンサルタントの石原明先生と打合せ、その後諸々仕事を片付けて、T-cube高橋浩子さんが今度出版する、女性向けのiPhone本のネタだし取材のお手伝い。
盛り上がって夕方までかかっちゃいましたm(_ _)m

その後石原先生の勉強会に出席して、食事会に行くという「知恵熱」が出ちゃいそうな一日w

お二人とも文章で表現がすばらしい方です。書き殴りのこのブログとはずいぶん違うの尊敬しますねぇ。

で、高橋さんとあれこれ話をしている時に最近使っているiPhoneアプリの話題になったのですが、今ちょっと気に入っているのは

20100326.jpg


ウォーキングの管理に使ってます(使っているのは有料版)
ランニングやサイクリングにも対応できるのですが、NIKE+からの乗り換えですね。

センサーがいらないし。

GPS機能が使えるので、地図上にリアルタイムで移動したコースがトレースされます。

20100326_02.jpg

NIKE+はこれができないから、後で走ったコースをweb上でトレースする必要があるんですよ。
ちょっと旅行に出かけた時なんかもトレーニングを離れて
「こんなコースを歩いてたんだな」とか記録になります。

GPSがくっついてると「場所」という重要性が再認識されますよね。

今後上手く使ってくれればその「場所」でしかできないことを近くに来たら知らせてくれるとか、TODOと連動させてくれるとありがたいんですが。

例えばTUTAYAの近く300m圏内に入ったら
「返却予定のDVDがあります」とか
「新作DVDが入りました」などと教えてくれたり、
TODOに書いてある
「シャンプーを買う」という買い物リストに反応してドラッグストwの近くに来たらTODOのアラームが鳴るとかね・・・。

その場所でしかできないことをGPS機能と上手く連動させて知らせてくれると良いんだがなぁ。

覚えておかなくても良いことって結構大事w
少ない頭のリソースをその他のことに使えるからね。
posted by まいあめ工房 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

NHKの動画と名古屋商工会議所の会報掲載

1月にNHKさんの「ほっとイブニング」という番組で、うちの大将が取材されて「東海の技」というコーナーで紹介されたのはこのブログでも書きましたが、なんとNHKのサイトにその動画がアップされました。

動画はこちら↓
動画 東海の技
20100324.jpg

NHKさんの取材を受けていた頃は、たまたまテレビ取材が重なったり、合格飴で忙しかったりと大変な時期でしたが、放映されたおかげでしょうか、忙しい日々が続いています。

お問い合せも多くいただき、中には納期のご希望に応えられないこともあり心苦しいのですが、何しろ手作りですのでご理解願いたいところです。m(_ _)m

また先日は名古屋商工会議所の会報「那古野」の取材を受けました。
20103024_02.jpg

表紙の写真が「手」ですが、これは「フレンズ」というコーナーに掲載される方の「手」なんですね。
次号表紙はうちの大将のまさに「職人の手」が飾ることになります。
ちなみに「フレンズ」内には少々私の話も載る予定w
もちろん「まいあめ工房」のHP写真は載りますよw

まいあめ工房は基本的にBtoBが基本形態ですので、商工会議所の会報などに掲載されると広告効果が高い(ような気がする)ので嬉しい限りです。

担当の方にお話をうかがうと
「名古屋市内の事業所17000社にお届けしております」
とのこと。

17000社に向けてDMを発送したら大変なことですよw
読んでいただける率も全然違うと思うし。
ゴールデンウィーク明けに発送されるそうですが楽しみです。

NHKと商工会議所の会報
ともに社会的な「信用」があるメディアですので「効果」よりも取り上げられた「事実」が重要かもしれません。
posted by まいあめ工房 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

まいガム工房がYahooニュースに掲載されました

連休中だったので書き込むタイミングを逸してしまいましたが、姉妹サイトの「まいガム工房」がYahooニュースなどに掲載されました。

記念ギフトに新潮流!? “パッケージ加工菓子”の人気が上昇
http://bit.ly/cgJ2ev

実際はオリコンスタイルからの取材があり、オリコンがニュースとして各ポータルサイトに配信しているんです。

オリコンスタイルの記事
mixiにも配信されていますが、Yahooとmixiの記事では写真が掲載されているのは「キットカット」だけですね。

記念ギフトにとっても良いと思います。
何しろ、同様に紹介されている「DECOチョコ」や「キットカット」と違い温度に強く賞味期限が長いことが強みだし、メッセージを書き込めるスペースが両面あるため、思いも込められますよ。

各ニュースにはリンクが貼られてないため検索する必要があるのですが、本当は「まいガム工房」なのに記事本文では全て「マイガム工房」とカタカナになっているのは、ちょっと残念なところw

これで検索結果が変わってくるし、ブランドイメージの構築にも関わってくる大事な所なんですけどね。
タグ:mixi yahoo
posted by まいあめ工房 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

名古屋で長蛇の列!クリスピー・クリーム・ドーナツを食べました 

多くの方がご存じだと思いますが、ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅1)に3月17日、東海地区1号店となる「クリスピー・クリーム・ドーナツ」がオープンしました。

初日はスゴイ人だったんですが、10時間待ちになったとか。

驚きですねぇ。

東京での1号店出店時もこんな行列にはならなかったんじゃないですか?

昨日19日はオープン3日目なわけですが、東京へ行くのにタカシマヤの横を通ったところ、まだまだ長蛇の列が・・・
最後尾は4時間待ちでしたのでビックリしましたね。

そんなこともすぐに頭の中から薄れて、東京へ向かったわけです。
昨日は2件の商談がありましたが、1件目は誰もが知っている国民的グループの会社でした。

打合せ室の中には受賞した数々の賞のトロフィーとか楯だとかが飾ってありましたね。

そちらでの打合せが終わったところで会社から電話があり後輩がドーナツを持ってきてくれたとのこと・・・

もしや・・・と思い、後輩に電話すると
「嫁が3時間並んで買ってきました。食べて下さい」
そうかそうか、今日は日帰りだから戻って食べるぜ。

しかし、3時間並んだのか。すごいなぁ・・・。

などと思いつつ、仕事をこなして帰宅。

うちに帰ったらありましたよw

20100320_01.JPG

蓋を開けたら

20100320_02.JPG

食べられてますよね。あたりまえだけどw

いやいや、しかし景気が悪いといっても買う人は数時間並んで買うんだな。

ところで、実はこのクリスピー・クリーム・ドーナツを食べるのは2回目。

それも名古屋店のものなのです。もちろん並んでなんて買ってません。



3月17日の開店前、テスト稼働させ作っていたものをいただいたんですね。オープンするまではこんな話を書けないのでしばらく秘密にしてましたw

並ばずして2度も食べているなんて、10時間も並んだ人にとっては顰蹙ものですな m(_ _)m
タグ:スイーツ
posted by まいあめ工房 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

「おねだり機能」目から鱗の強烈マーケティング戦術

その昔、もう10年以上も前になるんですが、「義理チョコ大作戦」という義理チョコだけを売るサイトを40日間限定で制作運営してみたのですが、当然バレンタインデーとホワイトデーはセットなので、ホワイトデーのサイトも準備していました。

この準備にあたって、義理チョコ大作戦ではホワイトデーのプレゼントとして何がふさわしくて、何がふさわしくないのかというアンケートを取っていたんですね。

で、この時ふさわしくないプレゼントのダントツ1位は

「下着」

だったんですw

贈られる事も多いので「ふさわしくない」と思う人も多いのか・・・という当時の強い印象からw ホワイトデー前後は下着メーカーのサイトをなんとなく見てしまうんです。

で、今年は目から鱗が落ちる強烈な印象を持ちました。

いや、下着のデザインじゃなくてw その売り方。

マーケティングです。。。

その名も「おねだり機能」

トリンプの通販サイトにあるんですが、説明によると
−−−−−−−−−−−−−−−−−
通常オンラインショッピングでは商品が欲しい時に「カートにいれる」ボタンを押して、商品を購入します。desirでは、「カートにいれる」のほかに「おねだりをする」ボタンがあり、desirをプレゼントしてほしい女性が、男性におねだりをすることができます。

おねだりボタンを押して進んで、おねだり相手のメールアドレスとメッセージを入力します。すると、おねだり相手にメールが送信され、おねだり相手はメールに記載のURLからおねだり商品を購入して、プレゼントすることができます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−

これはすごい!!
男の勝手な妄想により贈られてきた下着は気持ち悪くて使えないけれど、「私のが欲しい下着」ならOKってことだしw

商品は女性が選んで、決済はお目当ての男にさせるわけだけれど、これを二人でお店に行ってというように、リアルショップではなかなかやれませんしね。
この場合、おねだりされた男の「妄想」も女性にとってプラスに働くという・・・

で、衝撃なのがこれですよ

20100318.jpg

わかりやすいフローもありますがw

なんと!おねだり成功率 79% !!

もうこれは ゴメンナサイ ですね。
信じられないようなコンバージョン率です。

女性だけをターゲットにしている売上が、おねだり機能を使うと1.8倍になっちゃうw

こんな強烈なマーケティング戦術、ウェブでしかやれないと思うし驚きですよ。

別に下着だけでなく、女性が好みそうなもので
「自分で買うにはちょっと・・・」
と、思うような商品なら何でもいけそうですよね。

プレミアムスウィーツなんかどう?

早速応用してみようかなw


posted by まいあめ工房 at 08:53| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。