2010年08月24日

快適なiPadライフ

暑いし忙しいし、ブログ更新もままならない今日この頃。

昨日はリクルートさんの本社におじゃまして、まいあめ工房お客様インタビューを敢行して参りました。

リクルートマーケティング局の皆様には快くご協力いただき、本当に感謝でいっぱいです。

その模様はもちろんまいあめ工房で9月中旬には公開いたしますので、是非ご覧下さい。

続きを読む
posted by まいあめ工房 at 08:58| Comment(3) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

Facebook その2

どういう分けだか何から何まで忙しい。

今日を乗り越えればちょっとは落ち着くんだけれど(期待に過ぎないかも)夏休み明けの16日からは14時間労働って感じですよw
続きを読む
posted by まいあめ工房 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

Treatアメ

もうすぐ夏休みなんですが、まいあめ工房ではすでにハロウィンの飴の生産計画に入りました。

Treatアメ っていうんですね。

知ってましたか?

どんな飴でも良いんでしょうが、

続きを読む
posted by まいあめ工房 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まいあめ工房はFacebookに進出します

夏休み前の慌ただしい中、Facebookの勉強会に行ってきました。

当然といえば当然ですが、そんな勉強会が名古屋であるわけではないので、東京へ・・・。


続きを読む
posted by まいあめ工房 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

ほぼ日連載最終日

ほぼ日での連載、今日が最終日でした。

おかげさまで多くの人に読んでいただき、またまいあめ工房のサイトにもお越しいただきありがたいかぎりです。

ほぼ日での連載最後の最後に、見習い職人募集のページへのリンクをお願いしました。

組み飴は未来に残しておきたい日本が誇る技術です。
やる気のある人が応募してくれたら本当にありがたいなぁ。

糸井事務所の、シェフさん、コウノさん、ナンゴウさん、そしてイラストレーターのたかしまさん。 本当にありがとうございました。


posted by まいあめ工房 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ほぼ日刊イトイ新聞にて 「まいあめ工房」へ、ふたたび

今日から3日間連載していただきます。

20100804_02.JPG

お立ち寄り下さい。
タグ:ほぼ日
posted by まいあめ工房 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ取材もありました

そういえば、なんですがw

ブログお休み中にテレビ取材も受けておりました。

読売テレビの「大阪ほんわかテレビ」という番組です。

関西方面のローカル番組ですので、放送時に見ることはできませんでしたが、ディレクターの方がデータを送って下さいました。

偶然なのですが、取材時のカメラマンさんが3年ほど前に「しっとこ」という番組の取材で一度来ていただいていたので、撮影がスムーズに運んだことと、非常に良くポイントを押さえていただいたことで、わかりやすい映像になってます。



これを見ていただければ、ざっとですがまいあめの制作の感じがつかめていただけるかなと思っています。

番組からの無理無理のリクエストでw 制作したのがこれ

20100804_01.jpg

究極のぶっつけ本番だったのですが、雰囲気は出ていると思います。

ちょうど取材の頃、EXILEのツアーグッズ制作(メンバー14人を2万個づつ作ってました)で現場はピリピリした状況でしたが、この難題にも現場の雰囲気も荒れることなく、予定どおりの収録時間で無事終えたことを思い出します。

動画の感想、よろしかったらコメントして下さい。
posted by まいあめ工房 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

iPadでメインマシンを遠隔操作してます。

かなり以前から(2001年頃かな)、持っている書籍をスキャナを使ってぼつぼつと電子化していました。

Scansnapが発売されるやいなや購入してガンガンファイリングしたものです。
Scansnapの出始めの頃初期不良があり、回収修理をしたということをご存じの方も、もしかしたらいるのかもしれませんが、それほど前からのユーザーだったりします。

そんなわけで、自前の電子書籍があるためiPad発売のニュースはまさに、最も待ちに待ったデジタルガジェットが登場。といった気持ちで即購入しました。

電子書籍のコンテンツが少ない今も、自前で作ればいいのでさして困ったこともなく、iPadLifeを満喫しているのですが、そんな私を知っている周囲の人間は、
「iPadどうよ?」
と、しきりに訊いてきますよねぇ。

「迷わず買うべき。迷っている時間がもったいないね」

これが尋ねてきた友人に対する私の共通の答えです。

この時、当然iPadを見せて説明するのですが、電子書籍なんて見せることはなく、このソフトを見せます。

Teamviewer
0803TeamViewerLogo.JPG

です。(iTenesのAppstoreからDLします。)

これで、自分のメインマシンがiPadで遠隔操作できるんですから、恒に メインマシンを持ち歩いているのと同じ「安心感」を携帯できますぜ!

ここからメインマシンに対応するソフトをダウンロードします。

0803title.JPG

メインマシンに対応するOSのソフトをインストールして作動させるとこんな画面が出て

0803login.JPG

IDとPassを記録しておけばOK。

外出先からiPadを立ち上げて、TeamViewerを起動させ

0803iPadscreen.jpg

に、メインマシンに表示され先ほど記録したIDとPassを入れればあら不思議、自分のマシンがiPadで遠隔操作できます。



これを実際にやってみせると、

「iPad、すぐ買ってきます!」

と、スゴイ反応ですね。

キラーコンテンツって雰囲気です。

難しい設定もいらないので、使いやすいのでしょう。


ネットで販売をしている自分なんかは、出張時のPC周りの仕事が結構大変なんですが、ファイル同期の問題も含めて難しいことを考えなくても良いお手軽さが気に入ってます。

商用利用しなければ無料とのことですので、是非おためしあれ。
posted by まいあめ工房 at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

再開

予定通り2ヶ月休養したので、今日からまたぼちぼち再開します。

休んでいた2ヶ月間は、Twitterもほぼ停止状態で、ある意味ネット上では「引きこもり状態」だったわけですが、当然実生活ではそんなわけはなく、日々忙しく過ごしてきましたし、本当ならブログに書いておくべき事もたくさんありました。

休養直前の記事は「糸井重里事務所の取材」でしたが、その取材の記事が8月4日から「ほぼ日」で3日間連載されます。

初めて取材に来ていただいてから今日までの変遷を追っていく形になりましたが、先日の「ほぼ日グルッポー」では鋭意制作中のなかで

−−−−−−−−−−−−−
☆「たかしまてつをさんと
『まいあめ工房』へ、ふたたび。」
2007年に『ブタフィーヌさん』の単行本第3巻が
出版される際、名古屋の『まいあめ工房』の浅野製菓さんに
ブタフィーヌさんの顔の組み飴を作ってもらいました。
その浅野製菓さんを、3年ぶりに
たかしまてつをさんと訪問しました。
あれから3年、飴作りの現場にも
いろんなドラマがあったみたいですよ。
※以前の『まいあめ工房』のニュースはこちら。
http://www.1101.com/news/2008-07-17.html
−−−−−−−−−−−−−

と、紹介されています。

今週水曜日からが楽しみです。




で、まったく話が変わりますが・・・。

Blue-Rayを4枚ほど買いました。

その中から娘が「これをまず見よう」と、チョイスした物は


エスター [Blu-ray]

エスター [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray




うーん。
怖かった。。。

ツッコミ処満載ですが、サイコホラーとしてはよくできてるのか、高校生と大学生の娘はビビリまくりでしたよw

ついでに妻も固まっていました。

熱くて寝苦しい夏の夜に最適w
いや、別の意味で寝苦しくなるかも・・・
posted by まいあめ工房 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

ほぼ日スタッフとたかしまさん来社!

iPad狂想曲が吹き荒れる5月28日。

予定通り糸井重里事務所の「ほぼ日刊イトイ新聞」のシェフこと武井さんをはじめスタッフ3名と、ほぼ日連載漫画「ブタフィーヌさん」作者のたかしまてつをさんが、まいあめ工房に遊びに来てくださいました。

今回はその後のまいあめ工房ということで、一人の職人見習いの独立と、それに伴う新たな職人見習いの募集ということで、「人」がテーマの取材となりました。

20100531_01.JPG

ガンガン写真を撮るシェフさんです↑

いずれほぼ日に掲載されるかと思いますが、是非ご覧下さいね。

取材終了後は会議のあるスタッフを名古屋駅までおった後、たかしまさんらと、私の行きつけの店で、宴会!

親方から巣立つ弟子へのはなむけの言葉などもちょっとあったりして、良い雰囲気で盛り上がりながら、一足先にiPadを手に入れていたたかしまさんの「ガジェット好き」を話題にしつつ楽しく過ごしました。

とても心に残る一日・・・
posted by まいあめ工房 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

今日は「ほぼ日」スタッフがまいあめ工房へ

今日は「ほぼ日刊イトイ新聞」のスタッフがまいあめ工房に遊びに来てくださる日。

初めて来ていただき、ほぼ日に取り上げていただいてからの2年半。

まいあめ工房での「物語」を確認に来ていただくような特別な感じです。

もちろんほぼ日連載の漫画「ブタフィーヌさん」の作者のたかしまてつをさんも来てくださいます。

なんて言ったって、高校の後輩ですからね。
「遊びに来てよ!」
「ハイ!」
先輩の言うことは絶対ですよ ( ̄ー ̄)ニヤリ

午後からツイッターでその模様をツイートするつもりです。
USTREAMで生中継できるかどうかは難しいところですが、まいあめ工房の楽しいイベントとして、午後から頑張ります。
posted by まいあめ工房 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

明日はiPadの発売日

本当に来るのかなぁ・・・

iPadの話ですw

ネットで予約したんですがね。どうなんでしょう?

20100527_01.JPG

何というか、本当に到着した方が驚いてしまう感じがしています。

今頃になって「当日販売分もあります」とか報道されてますが・・・

28日のブログエントリーやツイッターはiPadの話題で持ちきりだとおもいますが、当日社外でのスケジュールがびっちりな自分はそのお祭りに参加できそうもないです。

ちょっと残念。


もし届いたら、少なくとも29日はiPadと格闘でしょう。

初期不良との戦いだけはしたくないなw続きを読む
タグ:iPAD
posted by まいあめ工房 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

USTREAM

昨日は午前9時30分からSoftbankの夏モデル携帯発表会がありましたが、USTREAMで生中継してましたね。

どのくらいの人が見ていたかは定かではありませんが、チャットの流れが異様に速かったのでかなりの人がUSTREAMでの生中継を見ていたと思います。

以前から思っているのですが、「最強のマーケティング」というのは

「やっているところを見てもらったらそのまま売れてしまう」

というものではないでしょうか。

「作っているところを見てもらったら欲しくなっちゃう物」ですよ。

まいあめ工房はそんなマーケティングをかねてからしたいと思っていましたが、USTREAMを使えば売れるかどうかは別としてできそうですよね。

あるいは、オーダーしていただいた方に制作風景を生中継でご覧いただくとかw
発信する側としてもかなりのメリットがあります。
なんというか、まいあめの制作というのは「難しさが」言葉ではなかなか伝わらないんですね。
ですから、
「どうしてできないの?」
といった方でも、工場見学にいらっしゃると
「できることの方が不思議」
という感想に変わってしまいますw

テレビの取材などがあり、現場に芸能人が来ている時だって中継しちゃえばおもしろいしなぁ。(これはまずいのかw)

5月28日には、まいあめ工房にとっては重要なイベントがあるので、その模様をUSTREAMで中継できたらと画策中です。

なんとかしたいな。

posted by まいあめ工房 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

『売れるネットショップ開業・運営』を読みました

コマースデザイン(株)代表取締役の坂本悟史さんの著書が届きました。


売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。

売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。

  • 作者: 坂本悟史
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2010/05/14
  • メディア: 単行本




題名長いですねw

ネットショップを運営している方にとってはなんとなく「わかっている」ことや「そうだろうなぁ」ということが多いと思いますが、きちんと基本を客観視してまとめる作業なんてできないので、こういった「王道的リファレンス」は「売れても売れなくても自分を見失わないため」には大事なものだと思います。

Twitter上で坂本さんのツイートを注目していたので
20100518_01.JPG
本の出版を知り予約。

予約後坂本さんからTwitterで

20100518_02.JPG

と、リプライをいただきましたので、このブログにて報告しようと思いましたが、やたら長くなりそうなので
「マスコミ・口コミで紹介する」
について手短に自分の感想を・・・

すみません m(_ _)m  プレスリリースしたこと無いです。

でもね、「第三者の紹介で集客する」という事には非常に力を入れています。
BtoBの場合「いい・悪い」とか「美味しい・まずい」なんて言うことよりも、いかに
「失敗しないか」「上司やクライアントを納得させられるか」
ということがどうやら最重要ポイントだったりしますので、
第三者の声がとても重要なわけです。

「飴屋さんなのに、こんな所と取引してるの?」

という意外性や

「ここがやっているんなら間違いない」

と信用していただける仕組み作りが、第三者の声ですね。

このあたりはマスコミも敏感なところです。
怪しげな物や、信憑性のない物を紹介するわけにもいきませんから、第三者の声がしっかりしていれば「裏を取る」余分な労力もいらないので、取り上げる時間までが短縮されます。

この件について本に書かれていない重要なことは「タイミング」だと思います。
プレスリリースをいつ出すのかということでは「今やっています」では遅いんです。
事前に、少なくとも1.5ヶ月前あたりから告知することが大切かな。

そういった意味合いで、自分はブログを活用することにしています。
マスコミネタになりそうなことを事前にタイミングを見計らってブログにエントリーすることで、サイトに設計や運営に余分な負担を掛けないようにしています。

この本の中にも出てくる「合格飴」などは受験シーズン商材としてマスコミ取り上げられるのは1月のセンター試験前なのですが、すでに11月の「推薦入試」に向けて10月からブログエントリーを行い、じんわりと認知を高めていき、タウン誌→地方新聞→全国紙→ローカルテレビ局などと波及してい行きます。



ああ、やっぱり長くなる〜。

終わりそうにないのでwこの続きは今週もう一度!

posted by まいあめ工房 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

GTD,ToDo そしてコンテキスト

週初めはなにかとやることが多いです。
で、iPhoneのタスクリストにせかされるように、こなしていくわけですよ。

要領が良くないので、そういったやり方をしないとボロボロやることが抜けていき、皆さんにご迷惑がかかるので大切な習慣です。

土曜日にスケジュールや仕事の流れを見ながら、iPhoneのタスクリストっていうか具体的にToDoとういうソフトなんですが、「やるべき事」をどんどん入力していきます。

20100517_06.jpg

便利なんですが、戸惑っているというかもう少しなんとかしたいなと思っているのが「コンテキスト」というもの。

はじめはこの概念がイマイチ理解できなかったです。

コンテキストって普通に訳せば「文脈」ということになんだろうけど、GTDやToDoでのコンテキストとはどちらかというと、場所や場面という意味合いになるのかな。などと割り切ったら使えるようになった。

やるべきことは時間的なものでばかりではなく、「どこで」という要素も重要だ。

会社で
「あの雑誌を買っておかなきゃ」
と、思っていても、いざ書店に行ったら忘れていたでは意味がない。

その場所でしかできないこと、その場面でこそ思い出さなくてはいけないことがコンテキストという意味か。

iPhoneやiPodでToDoを管理しても、コンテキストが機能するにはGPSとの連動が必要。だって場所だものね。ところがこれがくせ者ですよ。

20100517_07.jpg


このソフトを使ってみたんですが・・・。
目標の場所の近く(半径300メートルから設定できます)に行ったら、事前にその場所ですべきことについて登録してあればアラームが鳴りタスクを表示するというソフトです。

マルチタスクではないから何かをiPhoneでさせていたら使えないw
恒にGPSと通信しているから電池の減りも早い。

何とかならないかなぁ

忘れっぽい自分のために「コンテキスト」とモバイルを上手く連携するツールはない物か・・・。

どこかで何かをし忘れたりするたびにしみじみと思うのでした。
posted by まいあめ工房 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

iPad予約と電子書籍

まあ発表になってから決めていたことですから、予約しましたよ、これ。

20100514.jpg

ガジェット好きですからw

でも実際は、日本でのサービスは見送られたようですが電子ブックのサービスに注目していたわけです。

ガジェット好きより活字中毒ですからねぇ。

電子ブックサービスがないとしても、現在我がPCには過去にスキャンした書籍データが大量に保管されていますのでそれが有効利用できるというものです。

何しろScanSnapなんて発表されて速攻購入したものですから・・・。

iPhoneですら、それらを活用しようとGoodReaderだとか駆使していますし、最近ではiPhone用の電子書籍を買ったりしますからね。

「本」っていうのはお金がかかるものですが、それは購入資金というよりも「保管資金」という意味でかかりますよね。
何しろ日本は土地が高い。住居スペースが狭い上に日々増大していく本の対処には高コストがかかります。

そのしわ寄せは、引越やら増改築の時に現れるわけで、大量にBookOff行きだとかの悲惨な目に遭うわけですよ。

別冊宝島、全て揃っていたのに、全てBookOffに撃ってしまった苦い過去・・・

本という「物」が大事なのか書かれている「コンテンツ」が大事なのか。という選択を迫られた時、迷わず「コンテンツ」を選び本の裁断、スキャニング、ゴミ捨て、電子保管という道に入っていきました。

これもあくまで個人的な背景でしたが、Kindleが先行しiPadが出てくると、電子書籍も大きな社会的変革を生むことでしょうね。

そんなわけで


電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: 佐々木 俊尚
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2010/04/15
  • メディア: 新書




を、読みました。

ざっくりとした感想はメディアマーカーのバインダーにも書きましたが、音楽業界の電子化への変遷から書籍業界そして社会に起こるであろう変革をわかりやすく予測してます。

情報発信がネットワークの普及でどんどん個人の側に降りていっている過程で、出版すらも簡単にできる時代になりつつあるということは、世間で言うところの

パーソナルブランディング

が、すでに特殊な人のためのものではないという傍証のような気がします。

ISBNコード(出版コード)が簡単に取得できるというのは驚きでした。2万円かからないしやってみようかなという気にさせられましたよ。

さて届くのは5月28日。
この日は色々なブログでiPadについてのエントリーがあると思いますが、じっくり楽しんでからエントリーしようと思っています。

いつかiPadで読める「まいあめ図鑑」なんてのを出版したいですね。
posted by まいあめ工房 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

取組中の仕事

まいあめ工房では実に様々な企業様からご依頼をいただき、色々なデザインの組み飴を製造しています。

皆さんがよくご存じの企業から、できたてホヤホヤの会社などなど、今までどのくらいの種類のオリジナルキャンディーを作ったのか、一度きっちりと数値化すべきだなと思っています。

さてこれからの時期、スーパーやコンビニなどで売っている一般的なお菓子や食品は熱くなってくる関係で売れ行きが鈍る時期ではあります。

で、まいあめ工房はどうかというと、コンサートグッズの制作依頼が来る時期なんですね。

事実すでにいろいろ始まっています。

芸能関係というカテゴリーにするとその幅の広さに驚きます。

室町時代から700年の伝統を持つ「能楽」の観世宗家さまや、ヒップホップの有名グループ、そしていまなら誰もが知っている国民的多人数グループ●●●●●など、打合せや制作が同時進行しています。

観世から●●●●●まで!
同じ芸能関係でもこれほど振れ幅の大きいお客様を持っているのはまいあめ工房だけかもw

●●●●●なんて、メンバーが以前制作した時よりかなり増えちゃっているので現場が混乱していますw
現場の平均年齢が高いからしょうがないかw

7月の本格的なコンサート、ツアーシーズンに向けて胃の痛くなるような日々が続くわけです。
posted by まいあめ工房 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

オバマ大統領の言うとおり、iPadやプレステで「情報が娯楽と化した」のか

「iPodやiPad、Xboxにプレイステーション(PlayStation)――どれもわたしは操作法を知らないが、こうした機器によって情報は、権利拡張の道具や開放の手段というより、気晴らし、気分転換、娯楽の一種と化してしまった」

バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は9日、米ハンプトン大学(Hampton University)の卒業式での講演でこのような認識を示した。と、今日のメディアは一斉に伝えてますね。

上記部分だけを取り上げるなら、いきなりある種の人々から

情弱!!(情報弱者の略)

とか罵倒されそうですが、オバマさん大丈夫ですか。

大統領選挙の時はTwitterを始め、インターネットを最大限に利用したとされていたオバマ大統領ですが、すでに
「I Have Never Used Twitter」(Twitterを一度も使ったことがない)

と、自ら告白してしまってますから、イメージよりも実像の「情弱ぶり」はすでに浸透していると観ていいのか・・・。

しかし、Xboxやプレイステーションはともかく、iPodやiPadは「権利拡張の道具や開放の手段」になり得ていると思う。

彼はそういったガジェットを使ったことがなく、イメージ先行で語っているだけのように思える。

大統領は、

情報化された現代社会において「情報」は一種の「娯楽」と化しており、民主主義に新たな重圧をかけている。

とも、語っているけれど、どの時代のどの体制に於いても情報は娯楽の側面を持ち合わせているし、情報の娯楽化が進行することで民主主義に新たな重圧をかけているという論旨は意味不明のように聞こえる。

いずれにしろ彼はiPodやiPadなどのガジェットを使ったことがないのは明白だw

情報がフラット化する社会では「知ったか」は嫌われるし信頼を損なうぞ。

折しも日本ではiPadの予約が始まり、かくいう自分もちゃっかり予約したガジェット好きの人間ですが、今持っているiPhoneにだってゲームなんて一本も入れちゃいなし、「権利拡張の道具」として十分役立っている(Evernote最高〜)

まさしく「今」という本では決してないが、

20100512.jpg

第三の波 (1980年)

第三の波 (1980年)

  • 作者: アルビン・トフラー
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 1980/10
  • メディア: 単行本




を読んでいたらこんな発言はなかったと思うな。
情報化社会にいかに感情と愛情を加えた「世界」を構築していくのかというヴィジョンを語って欲しいのに。。。

今回の発言で、オバマ大統領が「前世紀の人」に見えてしまった。

posted by まいあめ工房 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

アーリーアダプターだけど

ゴールデンウィークは遠出せずに、食事に行ったりエクステリアを修繕するなどしてのんびりと過ごしました。

そんな中、近くの家電量販店をふらりと覗くと、テレビ売り場は結構盛況。

折しも石川遼が58なんてスコアを出したものだから、タイミング良く3Dテレビを出したパナソニックは広告効果が数倍になって3Dテレビの普及に大いに貢献したと思います。

ガジェットやツール好きな自分は「イノベーター」ではありませんが、アーリーアダプターぐらいになるんじゃないかと思いますが、こと3Dテレビについては絶対飛びつきませんねw

ゴールデンウィーク中にゆっくりと「アバター」を観てその確信を深めました。


アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]

アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




劇場で3D版を観た息子が
「劇場より綺麗だ。疲れる3Dよりこっちの方がいいよ」
と言っていたので、なるほどなと・・・。

おまけに劇場よりも縦サイズがあるビスタサイズなのでなおさらか。

これをごろ寝し、リラックスムードマックス状態のうえで結構なボリュームで観ていたら、こっちの方が良いかw
3Dは眼鏡の関係で、ごろ寝しながらでは当然効果は出ないはずだし。

内容は実質西部劇なので評価はしないけれど、ことBlu-ray版については画質音質共にすばらしいでき。
いずれはプロジェクターも3D対応になり、アバターも3Dソフトが出るんだろうけれど、立体視と画質を比べればまだ2Dの画質を選びたいと思う。

結構アーリーアダプターな自分だけれど、こと3Dに対しては批判的な自分を不思議に感じたゴールデンウィークでした。
posted by まいあめ工房 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

まいあめ工房は緊張感いっぱい。

昨日は休み明けの慌ただしい中、なんとか午前中にデスクワークを片付けて、午後からは

田口智隆さんにお会いして、まいあめとまいガムのお話し。
現場に戻って、糸井事務所の依頼分制作過程を写真撮影し、送信。
そのまま岐阜へ行って、またしてもまいあめとまいガムの打合せ。

と、時間に追われるような仕事の仕方w

ミスの無いように気をつけなければ・・・

事務所に戻り、仕事をし始めると電話が・・・、珍しく電話に出ると糸井事務所様の今回の担当者様から

こういったタイミングの電話はドキドキするんですよ。。。

「可愛くできあがっていて感激です」

と、とても嬉しいお言葉をいただきました。
( ´ー`)フゥー... 安心しました。

これからゴールデンウィーク明けまで、日程的にかなり厳しい状況が続くため、やり直しがききません。
現場はかなりの神経を使って製造しており、頭が下がる思いです。

ハードワークな日々は今しばらく続きます。
posted by まいあめ工房 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。