2011年09月09日

Facebookの可能性

かなり忙しい日々が続いています。

コツコツやっていたFacebookのコンテンツ投稿も滞り気味で、さすがにまずいと思いさっと写真を撮り一言コメントのみでアップロードw

手抜きですね。

しかし・・・。

飴細工の写真を投稿し、今週行われた飴細工の取材写真をその後投稿すると・・・


I have an event theme all about candyland to propose to my client. One of my highlight event will be the candy making workshop?We are calling it "Japanese Art Candy Corner".

なーんて、メールが来ちゃったりします。

結構きっちり書いてありまして、宿泊、交通費など負担するからなどと書いてあったりしますので、こんな所から海外進出もあるのではないかと検討中w

Facebookすごいぞ!
posted by まいあめ工房 at 09:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

水越 浩幸さんの「メディカツ」に何故か出ることになりました。

忙しくて忙しくて、本当に久々の更新です。

が、本日より東京出張なのでネタは豊富にあるのですが、長々と書いているわけにも行かないところが難しいところです。

そこで手短に・・・

本日 メディカツというUstreamを使用した情報発信コンテンツに出ることになり、まいあめ工房の戦略的なポイントとか、ソーシャルの活用方法などをしゃべることになりました。

メディカツ http://www.ustream.tv/channel/medikatsu

20時からの放送ですが、アーカイブもありますのでお手すきの時にご覧下さい。

専門の「自炊オタクネタ」についてもしゃべるように脅されていますw

それではまた

posted by まいあめ工房 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

モバイルSuicaのコールセンターに全く繋がらないぞ!

ようやくSuicaがスマートフォン対応になった。

なった。とういだけでまだ使えていません (´Д⊂グスン

というのも、以前の携帯が壊れてやむなく003SHに変えてすでに7ヶ月
前の携帯は取ってあるけれど、結果的にすんなり移行ができる状態でないわけです。

コールセンターに電話しても全く繋がらないし、困ったものです。

今年に入って、東京出張時はSuicaが使えないので面倒なことばかり。新幹線はチケットレスで乗れないどころか、移動中に予約もできないので乗りたい列車に乗ることができなかったりストレスたまります。

首都圏の地下鉄、バス、私鉄、そしてタクシーと移動のたびに現金がいるは切符を買う時間もかかるし、一回便利なことを覚えてしまうと面倒になってダメですね。

しかしいつになったらコールセンターに繋がるんだろうなぁ。
圧倒的に窓口が少ないじゃんないの?

オサイフ機能付きスマートフォンが発売されてからずいぶん時間が経っていて、その間サーバーが対応でき名状況にあったわけだから、機種変更で通常の状況ですんなり移行できない人が山のようにいるのは簡単に予想が付くと思うがなぁ。

ユーザーのことをもう少し考えて欲しいものです。
posted by まいあめ工房 at 11:28| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

東京で実演を行います!

メールや現場で打合せを重ねていた企画がいよいよ実現します。

東京都庭園美術館で「皇帝の愛したガラス」とういう特別展示が7月14日から開催されています。

詳しいことはこちら

こちらの夏休みファミリー企画で実演を行うことになりました。

teien.jpg



今まで数々の出張実演をこなしてきたまいあめ工房ですが、愛知県を離れたことはありませんでした。

今回ははるばる東京まで出張です。

5人が移動するのですが、新幹線班と機材運搬の自動車班に分かれて出発します。

なれない会場、真夏の屋外等ハンディキャップはいっぱいありますが、今までのノウハウを駆使して実演を成功させるべく準備中です。

ベネツィアングラスの技法「ミッレフィオーレ」が金太郎飴の製法とほとんど一緒であると言うところに目を付け、技法の解説を金太郎飴の実演を見ながら行うという、東京都庭園美術館様の発想のすばらしさに、うちの大将も共感し大遠征となった次第です。

多くの方に見ていただけるよう、手元作業をビデオカメラで撮影しつつ会場のモニターで映し出すなど工夫も凝らすつもりです。

組み飴(金太郎飴)の製造工程を生で見られることもなかなかないかと思います。

多くのお客様に見ていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

是非おしゃれな庭園美術館で、おしゃれな飴の実演をご覧下さい。
posted by まいあめ工房 at 09:09| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

スマート・プライシング

まいあめ工房の仕事以外、つまり一般的な流通業としての仕事の中で「価格」について真剣に考えることは実は少なかったりします。

スーパーやコンビニでの販売価格はほぼ決まっており、そこから逆算していくとこの値段というもので、端的に言ってしまえば、メーカーからは上代のほぼ何掛けというのもおおよそ決まっているので、その範囲内のごくごく狭い部分でしかプライシングすることはないわけです。

ところがいざネット販売で、グロサリーではないものの販売ということになると「価格」というものの付け方がいかに難しいかということがよーくわかります。

前述のような価格に関する慣習があるような「ぬるま湯」状態の中にどっぷりつかった業界の狭い考え方しかできないと、全く違う業界の方とお話しした時に大きなギャップを感じてしまったりします。

ということで、あらためて「価格決定」ということについてきちんと考えなければと思っていたところで興味を引かれる本に出会いました。

これもきっと必然というものでしょう。

しっかり読んで今後のプライシングに役立てたいと思っています。

タグ:コスト 価格
posted by まいあめ工房 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

テレビ放送とホームページ

たいした用事ではなかったけれど、得意先を訪問しました。

私も先方も時間に余裕があり、久々にゆっくりお話しをさせていただきましたがその中で

「昨日(13日)シルシルミシル金太郎飴をやってましたが、社長の所でしたか?」

と、尋ねられました。


もちろん私が知らないので「まいあめ工房」ではなかったのですが、帰社してから早速アクセスログをチェックしてみると・・・

(是非画像をクリックして拡大してみて下さい)
20110714_01.JPG

とまあこんな感じで、具体的な数値は伏せてありますが、時間帯別のユニークアクセスとアクセス数の棒グラフです。

一番右は23時台になるのですが、強烈な数字!

シルシルミシルでの金太郎飴放映おこぼれ効果バツグンです!!

テレビで放送されるとこのように同業他社にもアクセスが流れてくるものですが、それを止める方法はないと思います。

テレビで見た「金太郎飴」をそのものズバリ、まずキーワードとしてYahooやGoogleに入力して即検索ですよね。
そうして出た検索結果をざっとから順に見ていくのがごく一般的なテレビからホームページへのアクセス流入です。

この場合のポイントは「金太郎飴」というキーワードが一般名詞であるため「まいあめ工房」や「まいあめ」の固有名詞とは違い検索結果の一ページ目を自社関連で占拠できていないと言うことです。

またキーワード広告やSEO対策をしっかりしていないと、そもそも自社のページに行き着かないということにもなりかねません。

こうなるとテレビで紹介された会社ではないホームページにうっかりアクセスしてしまったり、人間は比較する生き物ですから、きっちり見た上で他のホームページを見てしまったりするわけですね。

では当日の「まいあめ工房」への到達キーワードを見てみましょう。

(是非画像をクリックして拡大してみて下さい)
20110714_02.JPG
とまあこんな具合で、キーワードのシェアとしては金太郎飴は通常5%前後を推移するのですが、昨日は7倍近いシェアを占めています。

より詳しい情報はWEBでというのがすでに常識となってしまっている今、テレビからホームページへの流入に際し、きちんとしたコンテンツの量と質が問われることになります。
ここでWEBの作りが悪いとせっかくテレビで紹介していただいたのに十分な効果を上げることができないだけではなく、同業他社のホームページへアクセスが流れ比較された場合、逆に他社の手助けをしてしまったことになりかねないのです。

まあそうやってニッチな市場が少しずつ認知され成長していくという意味合いもあるのですが、テレビ局からお話しをいただき、苦労して取材に協力しても数字に結びつかないというのは辛いことですから、ホームページの充実というのは非常に重要なことなのだと、若干のおこぼれをもらいながら痛感した次第です。
posted by まいあめ工房 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

土日のアクセスに大きな変化が!

月曜日は当然朝から慌ただしく仕事を片付けるわけだけれど、気づいたらすでに18時に近かった。

あー、もうなんだか毎日が早いなぁ。

歳かもしれないw

そんなことを思いながら、趣味の「アクセスログチェック」を行うと・・・


おお!やっぱりというか納得というか通常とは著しい変化が!!


弊社の場合はBtoB型の仕事なので、結構ドメインチェックが重要なんですが、通常土日はさしたる変化もなく見るべきこともなため、月曜日のドメインチェックは「チラ見」程度で流します。

ですが、7月に入り電力不足対策で自動車業界のお休みが木金に変わりましたよねぇ。

顕著に出てます!

どなたも知っている大手自動車メーカーのドメインがしっかりそれも大量に残っておりました。

仕事していらっしゃるんだなぁ。

このアクセスが仕事に結びつきますように!
posted by まいあめ工房 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

雑誌「広報会議」に掲載されました

先日、株式会社宣伝会議様から雑誌「広報会議」が届きました。

20110705_07.jpg

5月の下旬に、編集長の篠崎さんから「Facebookページでの取り組みについてうかがいたい」とお電話をいただき、厚かましくも東京の表参道近くにある宣伝会議さんの編集部に6月上旬におじゃまして、お話しをさせていただいたものが記事になったという次第。

20110705_06.JPG

1時間少々取材を受けた形になりましたが、掲載時は見事約1ページにまとめられていていました。なかなか上手く説明できなかったりするのですが、篠崎さんが十分気持ちをくみ取って下さり、わかりやすく伝わりやすい記事にしていただけて嬉しかったです。

posted by まいあめ工房 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

東海仕事人列伝

ずいぶん以前に、東海テレビの「スタイルプラス」という番組の人気コーナー「東海仕事人列伝」にうちの大将が取り上げられた(ちゃっかり私も映ってますが)のですが、その時は日曜日の昼の番組にもかかわらず、放送中からサイトへのアクセスが集中しテレビの力を感じたものでした。

おまけに「まいあめ」で検索する人が多かったため、翌日月曜日にはYahooの急上昇ワードランキングに見事20位でランクイン!おまけにPickupが付いたので、実に放送当日よりもアクセス数が多くなったというおまけまで付き、この日はネットの力を痛感した日でもありました。

そんなお世話になった「東海仕事人列伝」ですが、なんとこの度「ぴあMOOK中部」からそのものズバリ「東海仕事人列伝 -こだわりの仕事人が作る究極の逸品50-」として出版されました。

DSC00860.JPG

いやぁ、東海が誇る名品がズラリですよ!

実際に編集をされたBASARAさんにはあらためて足を運んでいただき、ちょうどまいボックス工房さんのブライダル企画で制作していた「寿飴」を撮影していただいたりして素敵な写真になりました。

BASARAさんには以前も転職情報誌の取材でお世話になっているのでご縁を感じましたねぇ。

取材スタッフの方には何度も原稿チェックをさせていただき、その対応が某MOOK本の編集下請け業者とは全く違っていて本当にありがたかったです。

ということで掲載されているのはこんな感じです。

DSC00874.JPG
写真も綺麗に撮っていただき、うちの大将もご満悦です。

150回放送されたうちの50人が掲載されているということで、ちょっと嬉しいですね。

いろいろと東海地方の名品が掲載されていますので、是非お手にとってご覧下さい。



posted by まいあめ工房 at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

責任表示でわかること

「まいあめ」はあくまで「飴」ですので、食品です。
食品の販売にあたっては遵守すべき法令がありますので、当然ですが法令に沿った形で販売しています。

その中でも特に一般的というか当たり前なのは「一括表示」や「責任表示」などといわれるもので、原材料やら保存方法賞味期限を明記しておく表示です。

まいあめ工房ではこのように表示しています。

sekinin.jpg
飴はこんな飴でした
観世宗家飴.jpg

ところで他はどうかといいますと、某飴屋さんなどは

DSC00859.JPG

こうです。

表記の仕方が表形式なのか一覧なのかの違いはありますが、原材料にも大きな違いがあります。

着色料を見比べて下さい。

「まいあめ」のみに表示のある物   赤106 炭末
「某飴屋さん」のみに表示のある物  赤2 酸化チタン

赤の違いはピンクを出すのに何を使ったかということです。うちの大将は赤106がピンクとしては好きな色なんですw

まいあめには「炭末」がありますがこれは読んでなんとなくわかるように「炭」ですので黒を表現するために使います。飴画像を見ると入ってないように見えますが、微妙な色を出すのに若干入れたりしました。

某飴屋さんの飴をみると「LOVE」の文字が黒く見えるのですが黒の着色料表記がないのは使っていないと言うことでしょう。全色混ぜ合わせて黒を作っているのかもしれません。

さて、某飴屋さんで使用していてまいあめで使用していない物

酸化チタン

双方の飴を見ていただいて、飴の色と着色料を見比べていただくと着色料とマッチしていない飴の色があるはずです。

それは





ですね。

まいあめでは白に対応する着色料がありません。

某飴屋さんでもはっきりマッチする物はなさそうですが、実は白に対応する着色料が「酸化チタン」です。


ではなぜ「まいあめ」では酸化チタンを使用せずに「白」を出すことができるのかというと、飴に細かな気泡を入れ込むことで光を乱反射させ「白」に見えるようにしているのです。こうすることで添加物を使わずに白を発色させることができます。

縁日などで、ねり飴を買った時によーく練り合わせるとどんどん水飴が白くなっていきますが同様の原理です。

ところがこれが厄介者で、空気の粒が入るということは柔らかいうちは時間の経過と共に空気が抜けていくということでもあるわけで、となるとある時点では「白い飴」だった物が時間の経過と共に透明へと色抜けがおきてくるわけです。

白が白でなくなれば、当然ですがデザイン的にもおかしなことになります。

特に白の場合背景色に使われる関係でここで色抜けがおきると致命的なわけです。

まいあめ工房ではできる限り昔ながらのやり方で(遙か昔は白い食品向け着色料なんて無かったので)技術をもってしてきっちりと白を発色させることを旨としていますが、
某飴屋さんは合理的に白を出されているという感じですかね。


次回は賞味期限の違いでわかる飴の質についてでも書こうかなぁ・・・
posted by まいあめ工房 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。